フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 44 分岐 第八章

 

わたしの足元で皆既日食が起こっている。

 

ここからだと一般家庭にある円状テーブルくらいの規模にしか見えないが、

恐らく途方もなく巨大なものだろう。

 

漆黒の月の淵からもれるコロナがすばらしい。

大宇宙の神秘を感じる。

でも周囲は宇宙ではなく、流動的な炎が包んでいる。

つまりわたしの足元は黒い月の周りを炎が埋め尽くしている

すさまじい状態というわけだ。

 

それに対し上空は漆黒の夜空に星が瞬いているという、

常識が吹っ飛んだありえない空間だ。

 

幻想的だけどわたしの数メートル先の道化師が目障りで仕方がない。

 

「きれいだろう★

下がルイージの意識の世界、上がルイージの無意識の世界さ。

これ、全部ボクのものなんだ。

ルイージはボクだけのもの。

でも・・・」

 

ディメーンはわたしに誘いをかけてきた。

 

「キミに分けることもできる。

ボクはイヤなんだ。

不完全なこの世界がね。

だから、全部壊してまた0から作り直そうと思うんだ。

そうすれば、今の世界みたいに不公平はなくなるし、

みんな願いがかなうし、死なずにすむ。

パーエフェクトな世界をつくろうよ~。

悲しみも憎しみもないカンペキな世界を!

スバラシイとは思わないか~い?」

 

すごい理想主義者ね。

 

でもわたしはそんなの必要ない。

悲しみも憎しみも不幸も全部いやなものを取り払ったら、

いいものは価値を失う。

 

たとえば死がなくなれば生きていることの大半の意味を失う。

やがて死ぬからこそ人は全力で生きるのだ。

願いがかなわないからこそ願いかなったとき嬉しいし、

新しい願いも産まれる。

 

「わたしは賛成できない。

そんなの単なるわがまま。」

ディメーンは駄々をこねる子供をあやすような口調で言った。

「わがままじゃないよ~。

これが許されない今の世界が堅苦しすぎるんだ。

規律にうるさいうえに汚い所をボクらから隠してる。

こんないかがわしい世界なんか消えた方がいい。

だ・か・ら、

スピネルも一緒に世界を作り直そうよ。

君たちの世界も絶対よくなるって~~♪」

 

何を言っても聞きそうにないわね。

 

「イヤだ。

そんなに自分の思い通りにしたいなら

勝手に一人で自分の世界に閉じこもっていればいいじゃない。

妄想という名の世界で。」

 

ディメーンは黒い人差し指を左右に振ると

「チッチッチ。

スピネル、君はルイージをどんなに強く頭の中で抱いても

それは本物とどこか違うだろう~?」

 

正論だ。

 

「だから、スピネル、世界を変えるんだ。

一緒にね~~。

そして、新しき世界の王と王女になるんだ!」

 

ふざけてる。

狂ってる。

 

ルイージはあなたのものじゃない!

誰のものでもない!

ルイージ自身のもの!

消えなさい!

道化師!」

 

ディメーンは軽くため息をつき

「そう、なら、キミをここで倒してキミもボクのものにしてあげるよ。」

 

ボクのものって・・・。

考えるだけで悪寒がした。

吐き気がした。

赤い宝石を額に持つカーバンクルの姿に変身し、

呪文詠唱に入る。

 

氷柱

≪コルーメン グラシアス≫

 

ディメーンは瞬間移動であっさりとかわした。

 

どこに?

ああ!

 

星型弾が頭上から降ってきた。

飛びのいて再び魔法を放つ。

 

火炎

≪フラーマ≫

 

一抱えもある炎の弾が上空の道化師に向かって放たれた。

 

「イッツァショ~タ~~イム!」

ディメーンは楽しげな笑い声とともにまたしても瞬間移動。

そして、わたしの背中に衝撃が走る。

 

「ウッ・・・。」

後ろ!

 

≪トリトルア≫

 

轟音と光とともに雷がディメーンに落ちた。

とうとうかわしきれずに奴に直撃する。

あいつがしびれているうちに!

 

魔力

≪ベネフィシア≫

疾風

≪ターベン≫

 

風が奴の体を切り裂く。

 

「あらら、衣装が少し切れちゃった♪」

 

全力で放ったのに効いていない!

 

「キミ、気づいていないようだね。

不完全ながら『コントンのラブパワー』は復活しようとしているんだ。

キミたちの歪んだ愛でね。」

 

・・・!

 

「本当に残念だよ。

ランペルやらセキリュウやらクリエイターやらみんなボクの邪魔ばかり。

本当なら今頃ボクが新世界に君臨しているのに。」

 

≪グラシアス≫

 

「さあて、今の吹雪で気合もさめたことだし、

そろそろ終わらせてあげるよ。

アデュー。」

 

道化師が三人に分身した。

それぞれ力を溜めている。

いやな予感しかしない。

何か・・・手は・・・。

せめて、ルイージがいてさえくれれば。

こうなったら!

 

神速

≪ディクリティス≫

 

高速詠唱

≪ファスト キャントス≫

 

魔力

≪ベネフィシア≫

 

≪ベネフィシア≫

 

氷柱

≪コルーメン グラシアス≫

 

火炎

≪フラーマ≫

 

≪トリトルア≫

 

疾風

≪ガーレ≫

 

魔力の限り魔法の詠唱をしたものの

奴の攻撃を止めることはかなわなかった。

 

≪キラリ流星群≫

 

≪ミルキー流星群≫

 

≪デスコメット≫

 

無数の星型弾が三人の道化師からそれぞれ放たれた。

 

 

 

精神をすり減らして魔法を放ったわたしには

よけるどころか動くことすらできなかった。

 

 

 

ルイージの小説

To Be Continued

 

 

 

ルート2 選択の宝石へ

http://thefool199485.hatenadiary.com/entry/2013/07/12/205118

 

ルート3 第九章 希望の宝石へ

http://thefool199485.hatenadiary.com/entry/2013/07/13/195727