フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

風上 起 合作小説

 

 

 

私の住んでいた町とよく似ていた。

灰色の建物の続く集合住宅。

ちょっとした「旅行」をしにこの町へ来た。

 

町を大した目的もなく右往左往していると公園があった。

特に特別でもない普通の公園。

 

少し、休むとしよう。

 

蝉の鳴く声を聞きながら、私は頭ににじんだ汗をハンカチで拭き取った。

 

そして、私は公園に踏み込んだ。

 

 

 

まあ、割とすぐに気付いた。

公園に入って正面の広場にいたからだ。

 

女の子が一人いた。

ただ立っているだけの少女が。

中学・・・いや、小学生か?

 

 

まあ、いい。

私は適当なベンチに座り、腰を休めた。

 

 

・・・どうも様子がおかしい。

 

少女は時々一人で笑ったり、悲しそうな顔をしたりした。

まるで目の前に誰かがいて、その誰かと話しているかのようだった。

女の子はそうやって一時間以上何もしないで突っ立っていた。

 

私はとうとう好奇心を抑えることができなくなった。

 

女に目がない、と友人にあきれられたことを思い出しながら

私は少女に声をかけた。

 

 

「お嬢さん、一人で何をしているんだい?

よかったら教えてくれると嬉しいんだけど・・・。」

 

 

少女は嬉々とした表情で私に答えた。

 

「一人じゃないよ?友達と話していたの♪」

 

軽やかな風が私の頬をなでた。

心地よい風だ。

ざわざわと揺れる木の音を聞きながら、私はこの少女の眼を見た。

 

実に純粋な瞳だ。

 

 

 

Next Magさん