フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 46 ルート2 第八章 選択の宝石

いくら攻撃しても

 

 

≪闘気≫

≪心頭滅却≫

≪サンダーハンド≫

 

≪トリトルア≫

 

 

ディメーンは

 

 

拘束

≪ランティア≫

 

≪地獄突き≫

≪ファイアー掌低≫

 

 

びくともしない。

 

 

≪オポリメイト≫

≪オポリメイト≫

 

≪鉄斬光≫

≪ファイアージャンプパンチ≫

 

 

一方的な消耗戦が繰り広げられる。

ディメーンの一撃一撃は確実にわたしたちを傷つけていった。

それに対し道化師は≪コントンのラブパワー≫により傷ひとつ負っていない。

絶望の壁は何も受け付けない。

 

それでもわたしたちは奴に勝たなければならない。

 

「っく・・・。なんて防御力!」

彼が肩を上下させながら言った。

「これだけ攻撃しているのに!」

ランペルよりも強い!

 

「この程度かい?失望しちゃうよ・・・。」

声援があるのにもかかわらずここまで苦戦するなんて!

 

「さあ、それそろ君たちの命・・・いただくとするか!」

ディメーンが右人差し指で天空を指差した。

「さあ、最後のチャンスだ。

この攻撃が発動すればキミたちの負け。

『コントンのラブパワー』の破壊の力そのものをキミたちにプレゼントするよ★」

 

相手はたった一人なのに。

 

一人・・・。

 

独りよがり・・・。

 

そうだ、だからみんなが応援してくれても勝てないんだ!

勝てない理由がわかり、それをルイージに伝える。

彼は頷きと微笑みで答えてくれた。

 

「みんな、聞こえる!」

わたしとルイージは外に向かって呼びかけた。

 

 

『わかった。私が合図する!』

セキリュウの声が返ってきた。

 

よし!

 

彼がお礼を述べる。

「恩に着るよ!」

 

 

ルイージとわたしが攻撃態勢に入る。

ルイージが両手を腰まで引く。

わたしも魔法の詠唱に入る。

 

普通の攻撃は奴には通用しない。

 

でも!

 

 

『今だ!全員心をひとつにして声援を贈れ!』

 

『がんばるにゃ~!』

 

『うしゃしゃ、やっちゃえ!』

 

『がんばれー!!』

 

『ぶっ飛ばして差し上げて!』

 

『ピーチ姫をさらわれたくなければそんな奴!

倒せ!!』

 

ルイージ、私を倒した力はそんなものじゃないだろう!

スピネル、心に希望を抱け!強き思いは絶望をも超える!

覚えておくといい。』

 

『スター、ティンク、ジーノ、ロゼッタ

星の子たち、星の精たち!

私たちの祈りを届けて!』

 

 

≪スターフラッシュ≫

≪ピーチフラッシュ≫

 

天空の夜空から差し込んだ祈りの光が

道化師の絶望の壁を打ち砕いた。

 

「ノーーーーーーン!

これは・・・、いったいどういうことだ!

ピュアハートもないのに、一体!」

 

慌てる道化師にルイージが言い放つ。

「一人の力なんてそんなものさ・・・。」

 

かつてわたしたちもそうだった。

わたしたちは一人だった。

 

でも、今は!

 

違う!

 

 

こころ

≪クオレ≫

 

 

光を帯びた私たちの思いがディメーンを包み込んだ。

「あっ暖かい・・・!」

 

光を受けたディメーンの顔は穏やかだった。

すべてのしがらみから解放されて、

まるで子供のように微笑んでいた。

 

 

終わった。

 

 

「なんで、完璧な世界を創ろうとしたんだ?」

ルイージが光に消える道化師に最大の疑問を投げかけた。

 

ディメーンは笑いながら答えた。

「ムッフッフ。」

 

 

 

君はノワール伯爵を見て何も思わなかったの?

 

スピネルが倒れているところを見て不条理を感じなかったの?

 

君は兄さんが死んで悔しくなかったの?

 

 

 

!!!

 

「オ・ルヴォワール・・・!」

 

 

 

ディメーンは光の泡となって消え去った。

 

 

 

ルイージの小説

To Be Continued