フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

風上、再び 転 合作小説

うおおぉぉーー!!!

なんという暴風。

 

庇った腕の隙間から、鳩が前を向いたまま後ろに飛ばされているのが見える。

意地を張っている余裕もなくなってきた。

 

ずるずると足が後ろに後退していく。

 

 

うう、降参。

 

 

膝をつくかどうかまよっていると、風が徐々に弱まっていった。

 

よかった。

 

私は肩で息をしながら少女をどうにか視界にとらえる。

風の少女の顔がぶれて見える。

頭が・・・くらくらする。

 

 

「くすっ♪

ほんと、来てくれてありがとう♪」

 

「・・・もちろんだ。約束したではないか。」

 

「そうね♪

約束、したもんね♪」

 

 

嬉しそうに喜ぶ少女。安堵しているようにも見える。

私の中に約束という言葉がやけに印象に残った。

 

 

「私、前から聞きたいことがあるの。

・・・あなたの名前。」

 

「私の名前かい?

セキリュウだ。」

 

「セキリュウ・・・。」

 

 

少女はその名前を聞いたとき、少しの間黙った。

なぜだろう。

私の疑問は直後に晴れることとなった。

 

 

「竜の姿、そのまんまの名前ね♪」

 

「・・・見ていた・・・のか??」

 

 

変身を直接見られたとしたら・・・。

 

あの時か。

まあ、いい。

 

別にばれても悪いことはなかろう。

 

 

「・・・お嬢さんの名前は?」

 

 

わたしの問いに対し、彼女は問いで返してきた。

 

「その事ことなんだけれど・・・

私の名前・・・決めてくるれる?」

 

 

なるほど。

道理で名乗らないわけだ。

ここで納得してしまうのもおかしいのだが。

 

 

普通ならなぜと聞き返すであろうその言葉を、私は追究しなかった。

傷口を相手に開けさせたところで私には治療も何もできない。

 

 

私にできることは、彼女の過剰すぎる期待にこたえるべく、小さな脳を全力で回転させることだけだった。