フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

黒猫紳士と黒髪少女 ~水の都ヴェール 中編~ 短編小説


 「あれです。あれが海神ヴェーレンスさまです。空気アメの調子は大丈夫ですか?」
 「問題なさそうだ。海神ヴェーレンスさま......巨大なシャチみたいだ」
 「おっきい! まるで山みたい」
 珊瑚や宝石で見事に装飾された巨大なシャチ......ヴェーレンスさまは湖底をグルグルと泳ぎ回っていた。優雅ではあるものの明らかに落ち着きがない。
 「いつもはとても温厚なのになぜ__」
 レアがそう呟いた瞬間、ヴェーレンスが突如こちらを向き大口を開けて向かってきた。紳士と少女は反射的に身を寄せあい目を瞑った。レアが気づいたときにはヴェーレンスは遥か遠くであった。
 「飲み込まれた......二人が、瞬きする間に」
 一方猫紳士とスピネルが目を開けると、そこにはピンク色の空間がそこにあった。壁も床も胎動しており、そこが生体の内側であることを示している。事前の情報通り空気で満たされていた。
 「うわわわわ」
 壮絶な光景にドン引きする少女を猫紳士はお姫様だっこし、ダッシュする。
 「手間が省けた。このまま進んで『悠久の貝殻』とレアの恋人を救出するぞ」
 ヴェーレンスの空間は広大で不思議と明るい。人が通るのを前提にしたような造りだった。粘膜が扉の代わりになっていたりと、色々と精神的にくるものがあったが。
 途中、ぶちぶちと嫌な音をが聞こえてきて紳士は立ち止まった。発生源を見ると、黒いヒトデやクラゲが壁に蠢いていた。どうやらヴェーレンスに寄生して肉を喰らっているいるらしい。
 「あの生物たちが騒動の原因か?」
 「気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い! 早く倒して!」
 少女を下ろすと猫紳士はベルトからステッキを引き抜き捻る。出てきた引き金を引くと先端からワイヤーが射出された。ヒトデににワイヤーを引っ掻け、それを頼りに山猫のごとく壁をよじ登りヒトデに打撃を叩き込む。地面に叩きつけられ硬直しているヒトデをステッキで打つ。他のクラゲやらなんやらも順に打ちのめしていった。
 「ウェルダが心配ね」
 「先を急ごう」
 奥へ奥へと進んでいくと、一気に視界が開けた。まず見つけたのが、中央で孤軍奮闘している短髪のシャワ族の青年。その足元に暁色に輝く貝殻。周囲には大きな緑色の紐状の体を持つ海ミミズ。青年は肩で息をしており、相当消耗している。
 猫紳士は一気に跳躍し、背後から青年を狙ったミミズを踏みつけ着地。スピネルを下ろしステッキを構える。
 「よくここまで耐えた。助太刀するぞ」
 「見知らぬ人、感謝する」
 「礼は後だ。目の前の敵を倒すぞ」
 さすがに『悠久の貝殻』の護衛だけあってウェルダは強い。次から次へと迫り来る寄生生物たちを槍で凪ぎ払っていく。なびくヒレが軌跡を描く。紳士も負けじと海ミミズを叩く。ミミズの動きが鈍かったこともあり、数分もしないうちに海ミミズは鎮圧された。
 「ありがとう。俺の名前はウェルダ。あんたは黒猫紳士か?」
 「なぜ名前がわかった?」
 「だって、見たまんまじゃない」
 居心地が悪そうに頭の後ろを掻く猫紳士の横で、スピネルがプリッツスカートをたくしあげて頭を下げる。
 「わたしはスピネル。レアさんを始め、都の人たちの願いでここまで来たの。ところでその足は......」
 艶やかな青い肌が足首だけ濁っていた。ウェルダは顔をしかめる。
 「ああ。飲み込まれたときに捻ったみたいだ。正直歩くのも辛い。ヴェーレンスさまの粘液で海ミミズが弱っていなかったら危なかった」
 スピネルは黒猫紳士を見つめる。対して紳士は口に手を当てて難しい表情をする。
 「前にも言ったように三日に一度だけだが、使っていいんだな?」
 「お願い」
 「わかった。ウェルダ、少しじっとしていてくれ」
 紳士はウェルダの足に手を触れた。すると猫紳士の手袋から光が漏れ、足首の腫れがみるみる引いていった。
 「すごい、一瞬で治しやがった。疲労も軽くなった気がする。ありがとう、本当になんと感謝していいか」
 「では私はこれから海神ヴェーレンスさまに巣食っている生き物を倒そうと思っているんだが、ヴェルダ手伝ってくれないか?」
 スピネルが落ち着いて辺りを見回すと、壁のあちこちに毒々しいクラゲやらヒトデやらムカデが引っ付いているのが目に入った。そして見たのを後悔した様子で猫紳士の足に抱きついた。
 「いいのか? あいつらは俺らヴェールの民が倒さなければならないのに」
 「伝説の真似事をしたいだけだよ、私は__」
 「ねこさま、ウェルダさん! 早くあの気色悪いの全部倒して! 吐きそう!」
 残念そうにウェルダが呟く。
 「いつもこんな感じなのか?」
 黒猫紳士は目を剃らした。
 「......早く済ませよう。レアが待っている」
 猫紳士のステッキワイヤーで害魚を捉え、ウェルダの槍で刺す。単純な作業が続く。
 「海神ヴェーレンスさまの中はいつもこんなに化け物がいたり、血が出たり、穴が開いてたりするのか?」
 「いや、年に一回儀式で王様が護衛を連れて見に行くんだが、その護衛として毎年こんなかは入ってる。普段は表面が粘膜で守られていた。免疫って言うんだったか? まあとりあえず内壁を寄生生物が食うなんてもっての他さ。その前に粘膜にやられる」
 一息ついたウェルダが辺りを見回すと、いつの間にか部屋の中央に巨大な魔方陣が出来上がっていた。その端でスピネルが汗を拭っていた。
 「食えないことを理解しているから化け物はそもそも寄ってこない。それにヴェーレンスさまはむやみやたらに寄生する輩を体内にいれるような真似はしない」
 「ならなぜ粘膜が解けている上に化け物が入り込んでいるんだ?」
 「わからない。化け物に荒らされてる以外は正常なんだ。実はミミズと戦っているときも君たちが来るでの間、ヴェーレンスさまの粘液がミミズを弱らせていた。ヴェーレンスさまは粘膜を出せないわけじゃなかった。つまり、『あえて出さなかった』」
 「まさか......仮病」
 スピネルが呟いた瞬間だった。床が、壁が、天井が、粘膜に覆われた。壁にへばりついていたものたちが苦悶の声をあげて床に落下、粘液に絡めとられ動かなくなっていく。空中に浮いていたクラゲもその様子を感じ取ったのか口の方へと退散していく。
 「クッ......」
 「何で黒猫紳士が攻撃されるんだ!」
 「さっき来た出入り口が閉じちゃった!」