フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

力を強き戦士 ファンタジー短編

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS


 いつもこれだ。職安に来る度にこれだ。もう少し静かに依頼を探させてくれ。
 「ロウ、俺たちの仲間にならないか?」
 木製のテーブルに依頼の書かれた紙束を広げる戦士。それを囲む屈強な人々。元々狭苦しい部屋がさらに狭く感じる。ロウはむさ苦しい男どもから目を逸らし、思わず窓の外を見た。朝の日射しに目が眩んだ。
 「いいや。俺は誰かと組むのはゴメンだ」
 モンスター相手の狩人。期待の新人。仲間を持たず、人のいない場所で一人黙々とモンスターを討伐する。討伐後の後処理に来た人が環境整備に困るほど圧倒的力を持つ戦士。それがロウだった。
 スカウトに来た人々が去っていくと、職員の一人であるおばさんがやってきた。
 「いい加減あんたも誰かと組みなよ。それがモンスターを狩る奴らのルールなんだからさ。いくら強いからって単独で戦い続けるのは危険だよ」
 「俺は群れるのが嫌いなんだ」
 ロウは心底嫌そうに答える。パーティーを組んでの面倒ごとはもうごめんだった。職安のおばさんはそんなロウを見てニヤリと笑い、依頼用紙をロウに突きつけた。
 「今度の依頼は最低二人と組まなきゃならない。その上難敵だからあんたにしか頼めない。だからアタシが勝手に相方を決めておいたよ。今月あんた金欠なんだろ? 悪い話じゃないはずだ」
 「余計なことを」
 「協調性はある奴だからあんたでも大丈夫さ。それに弱体化魔法の腕もピカイチ」
 「敵の弱体化なんぞしなくとも俺はほぼ一撃だぞ?」
 「だろうね。でも、他人と一緒に仕事をするノウハウは学べるはずさ」
 ロウは憂鬱な気分を息と一緒に吐き出した。

 軽く朝食を済ませたロウは、町の出入り口付近の原っぱで、ペットであり移動手段でもある空イルカに餌を与えていた。魚を飲み込むような豪快な食べっぷりを見るのがロウにとっての癒しだった。
 「よしよし」
 空イルカを撫でていると背後に人の気配を感じた。見上げると白いローブを見に纏った女性がいた。文字通り目と鼻の先に立っており、ロウは驚いて飛び退いた。
 「かわいいですね! 空イルカ。私、助けを呼ぶ時の声真似できるんですよ。クルルルル!」
 空イルカが一瞬びくっとして女の方を向いた。
 「おいおい、空イルカを脅かすな。......あんたが女将の言っていた奴か」
 「あたしムレルと言います! いつもチームで依頼を達成してきました。弱体化の魔法が得意で__」
 「それはもう聞いた。あんたは何もするな。俺の後ろにいるだけでいい」
 あえてぶっきらぼうにロウは言ったが、ムレルは全く意に介していないどころか、さらに詰め寄ってきた。
 「いいえ。チームを組んだからにはあなたを全力でサポートします。チームワークの力見せてやりましょう」
 「何もしなくて、いいから! 迷惑なんだ」
 グイグイ来るムレルに対してロウはため息をつく。嫌々ながらもロウはムレルと共に空イルカに乗った。目指すは南の森だ。

 魔物は蛙のような容姿をしていた。が、大きい。人を丸のみ出来るほどの巨体を誇っていた。その表皮は深緑で湿っぽく、生臭くてたまらない。空イルカは気配を察知するなりいつも通り安全な場所へ逃げた。利口で助かる。ムレルも一緒に連れて行ってくれればよかったのだが、とロウは心のなかで愚痴をこぼす。
 「あれが討伐対象の化け物か」
 「ええ。間違いありません。チームワークで頑張りましょう! 力を合わせれば何でも__」
 ロウは大きなため息で遮った。
 「何度も言わせるな。余計なことはするなよ。あんたは俺の後ろにいるだけでいい。力不足だ」
 「でも......」
 「後ろにいろ!」
 少し申し訳なさそうな顔で隣に並ぼうとするムレルを、ロウは強引に後ろへと引っ張った。
 「気を付けてください! 奴は舌で人掴んで口に含む性質が......」
 ムレルの言葉を遮ってロウが剣を振るった。剣の軌跡が破壊の力となり、周囲の木ごと敵を消し飛ばす。その威力・範囲はすさまじく、ロウの前に残ったのは無数の切り株。そして原型すらわからない敵の残骸だけだった。
 「すごい、破壊力。でも......」
 ムレルは呆然としていた。あまりの威力に度肝を抜かれたらしい。
 ロウはそんな彼女の横で、地面に落ちていた何かを拾った。それは血のついた鳥の巣だった。中に住んでいたはずの鳥の姿はない。ロウは沈鬱な表情で地面に埋めた。ロウはその後も攻撃に巻き込まれてしまった動物を一匹ずつ葬っていった。
 「ロウさん......」
 ロウは俯いたまま呟いた。
 「......もう一匹いるんだろ、探すぞ」

 もう一匹はすぐに見つけることができた。
 「気づかれた!」
 「奴の口の中に人がいます。消化しきってません! 今ならまだ間に合いますよ! ロウさんなら楽勝ですよね」
 ムレルの言う通り、口の中に人形の影が見えた。男の「助けて」という叫び声が聞こえる。だが、どうする。喜んでいるムレルに対してロウの表情は暗い。
 襲いかかる蛙の魔物。だが、ロウは攻撃しようとしない。蛙の舌による攻撃をひたすら盾を使って防ぐばかり。攻撃に転じる気配はない。
 「なぜ!」
 「力の加減ができないんだ! さっきの鳥の巣を見ただろう!」
 極端に頼られるか、白い目で見られる。最悪仲間を攻撃に巻き込んでしまう。強すぎて制御の効かない力は、複数人で行動するときに足枷でしかないのだった。
 「退却してッ......体勢をッ......クッ」
 「その前に消化されてしまいますよ!」
 ロウは考える。このまま攻撃を耐え続けるのは無理がある。やたら力は強くても防御に関して飛び抜けた才はない。殺る前に殺る主義がここに来て仇になった。人質ごと殺るか、このままなぶり殺されるか。
 限界だ! 殺す! そう、ロウが決心したときだった。
 「弱体化の魔法!?」
 だが、ムレルの魔法の対象は敵ではなかった。
 「あなたが弱体化すれば技の威力も弱まるはずです!」
 「そうか! これなら......行ける!!」
 ロウの放った斬撃は魔物の口の一部を破り、飲み込まれていた男が飛び出してきた。すかさず、ムレルが救出する。
 「食らえ両生類ッ!」
 深々と剣が刺さり魔物は打ち倒された。
 「どうですロウさん! これぞ、チームワークの力です」
 ロウはムレルの手腕に驚いていると、突然目の前が暗くなった。目の前に口。大口。がま口。大蛙が起きたと気づいた時には遅かった。強烈な酸の臭い。「クルル」というムレルの奇妙な叫び声。助けた男の悲鳴。走馬灯。加減の......しすぎ......。
 「あっ......!」
 口の奥から何かが込み上げたのが見えた瞬間、蛙が宙を舞った。蛙が吐いた液がロウにかかることはなかった。呆然とするロウと男の前で、空イルカが誇らしげに鳴いた。しばらくの沈黙。
 「これがチームワークの力です! 力を合わせれば、不可能も可能になるんです!」
 森の中にムレル渾身の叫びが響いた。
 もはや、その言葉に異論はなかった。ロウはとうとうムレルに頭を下げた。
 「......悪かった。俺が間違っていた。今までぞんざいに扱って悪かった。心の底から謝る。君は力不足でも役立たずでもない。本当に問題があったのは俺自身だった」
 「いいですよ。チームなんですし、お互い助け合うのは当然です。出来ないことを補い合うのがチームですから。例えそれが戦闘以外のことであっても、ですよ」
 怯えるロウに対して、ムレルは何でもないという風におどけて見せた。
 「君の言う通りだった。力を合わせれば一人一人が自分の実力以上の力を出せる。チームワークの力、体感して初めてわかった。ありがとう......ありがとうムレル!」
 ロウははじめて彼女の名前を呼び、笑みを見せるのだった。