フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

いい台詞とは

●いい台詞とは
・現実味を出す
 キャラが実在しているかのようにもっともらしく聞こえる

・台詞でキャラをたてる

・情報を間接的に伝えてキャラを動かす
 キャラを動かしプロットを前に進める情報をさりげなく伝える。

・キャラの感情と対立を映す
 対立は行為か台詞によって成り立つ。

・キャラの動機を暴く、または隠す
 行動の動機を示唆する、または隠して好奇心をかきたてる。

・話者と他のキャラの関係を映す
 人は、人間関係に応じて言葉を変えるもの。

・連鎖反応を起こす
 ひとつの台詞が次の台詞に無理なく繋がり、見事に打ち返しあう。

・今後の展開を予想させる

・扱うジャンルから外れていない

・場面の内容から外れていない

・能動的で目的に向かっていく
 簡単には手に入れられないキャラがいる。解決するにはセリフか行動のみ。キャラが対立するときは相手をなだめ、おだて、脅しながら駆け引きしていく。
 目的のない台詞、目的達成に必要ない台詞、お飾り、おしゃべり、説明的、行儀よすぎ......これでは盛り上がらない。


●感情的にインパクトを与える台詞
・突っ込み返し
 質問や発言にたいしてより鋭い突っ込みをいれる
男「君、男なの? って言われない?」
女「あなたこそ」

・スイッチをいれる台詞
 キャラを感情的にさせる強烈な言葉。つまり地雷をぶちぬくような台詞。

・皮肉
 「握手しよう(右手のない人に右手を差し出す)」

・並列のユーモア
 並べることで笑いを誘う。
 「この犬すごく私になついているのよ」
 「ああ。すごくなついている犬が私も飼ってるんだ。なつきすぎて毎日吠えつつ噛みついてくる」

・対比のユーモア
 正反対の意味合いを同じ台詞に
 「この喜劇に出てくれないか! ゾンビに親が殺されて町を逃げ回るんだ」
 「喜......劇?」

・二重の意味を持つ言葉によるユーモア
 「はやくその薬を飲むんだ。楽になる」
 「毒が治るの?! それともトリップするの!?」

・ウィット

 ポジティブをネガティブに変える
 「俺はお前を去年一年見て、『もしかすると、吉井はバカなんじゃないか?』なんて疑いを抱いてんだ」
 「それは大いなる間違いですね。そんな誤解をしているようじゃ、更に『節穴』なんて渾名をつけられちゃいますよ?」
(中略)
 「お前はバカだ」

 ネガティブをポジティブに変える
 「こいつは俺の女房、昔は美人だった」
 「今は超美人」

 当たり前だが予想外
 「どの離婚にも必ず発見できる共通した原因とは何かわかりますか?」
 「性格の不一致?」
 「いえ、結婚したことです」


・誰かに注意を促す
 「気を付けろ、なんか嫌な予感がする」

・誇張
 比喩をやたら壮大にすることで笑いを誘う
 「あいつの胸は牛のよりも大きいんだから!」

・暗に示す
 頼みがあるんだが・・・連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる。(死んでる)

・控えめな表現
 ヤバイことをやたらと控えめに表現する
 「ちょっとこげただけさ」(自宅全焼)

・話をそらす

・KYな発言
 「妊娠何ヵ月です?」
 「私、妊娠なんかしてませんよ?」

・台詞の途中で口を挟む
 「これからどこに......」
 「二番通りに! 早く!」

・羅列
 ~だし、~だし、~じゃない! と言葉を羅列する。イライラの現れ。
 「あんた一体なんなのよ! 車は盗む! シートは引っぺがす! あたしはさらう! 娘を探すのを手伝えなんて突然メチャクチャは言い出す! かと思ったら人を撃ち合いに巻き込んで大勢死人は出す! 挙句は電話ボックスを持ち上げる! あんた人間なの!? お次はターザンときたわ! 警官があんたを撃とうとしたんで助けたわ! そうしたらあたしまで追われる身よ! 一体何があったのか教えて頂戴!」

・暗喩と直喩
 「こんなの飛行機じゃないわ! 羽のついたカヌーよ!!」
 「だったら漕げばいいだろ!」
 「そんなぁ......」

・同じ構造の文での繰り返し
 「いけ、バータック。いけ、デートロイ。いけ、メンフィス。ただしロイ、テメーはダメだ」

エスカレートする台詞
 「絶対にそれはない。いや......多分ないです。あ、まって、もしかしたらないかも......。」

・不意打ち
 「俺はは逃げられてハッピー。その上嫌いなあいつがいなくなる」
 「そうだ、私は君の仲間を捕まえられてハッピー。さぁ、君の仲間の場所をいいたまえ」
 「だが断る!」

・お膳立てと種明かし
 話の前半で伏線をたてて後半で回収する
刑事「犯人はメイドだ」
部下「推定身長二メートル。リンゴを素手で握りつぶせる握力があると思われます」
刑事「メイドはないな」

・会話の引き金になる言葉、フレーズ
 あえて疑問に思うことなどを投げかけ会話の引き金を作る。
 「奴らが俺を見つけるまでは無線を使うな」
 「どうしてそれが分かる?」
 「島がドンパチ賑やかになったらだ」

・意外な反応
 「娘はどこだ?」
 「まぁ落ち着け。銃を突き付けられてはビビって話もできやしねぇ。娘は無事だ大佐、少なくとも今のところはな。この先どうなるかはあんた次第だ。無事取り戻したければ・・・俺たちに協力しろ、OK?」
 「OK!」(ズドーン!

・繰り返し
 「まだだ、走れ! そうだ、走れ! 走れ! もっと早く!」

・理屈抜きで本能に訴える
 緊張させたり、怖がらせたり、興奮させたりする台詞
 「助けてくれぇ!」

・使いふるされた言葉の応用
 「お前は石橋を叩いて渡るタイプか」
 「いや、叩きすぎて壊すタイプだ」

・はい、いいえ以外の反応
 「友達の家は楽しかった?」
 「あれは家とは言えない。倉庫だった」


キャラの個性を際立たせる台詞
・対照的な台詞と文脈
・対照的な台詞とテンポ
・決め台詞
・はしょった台詞
・専門用語、仲間内の言葉、スラング
・譲れないもの
 お互い一歩も引かない
・我が道をいく
 片方のキャラが自分の話だけ一方的に進める
・方言
・特徴と態度を表す
・感覚的な好み(触覚・視覚・聴覚)
・喋りのリズム