フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

とりあえず見られることは意識する

(下記は私にも勿論適用されるので、『時間の無駄』だと思ったらこの記事に関わらず、すぐにブラウザバックを推奨します)


 作品においての自己投影と言うものがある。とりあえず小説に関してのみに言及しておく。

 ヒーローのように活躍して、皆から称賛されて、世界を救って、劇的に死んで、皆から死を嘆かれたい。子供じみた欲求ではあるが、これが作品を作る活力になったりする。
 ただ、あんまりそれが過剰すぎると、『メアリースー』に似た、ご都合主義や自己満足を多量に含んだ、非常に痛々しい作品となってしまう。


・意味もなく称賛される。(あなたが称賛されたいだけ)

・俺様つえぇー、と無双するだけで読者のことを一寸も考慮していない雑な展開。(あなたがそれをやりたかっただけ)

・伏線のない主人公の覚醒などのご都合主義。(普通に考えてありえない)

オッドアイ等の日常生活に支障のでない他の登場人物とは違う身体的特徴。しかも物語においても演出上でも重要でない。(カラコンですか?そうでもしないとキャラの区別が出来ないんですか?あなたのキャラの魅力はそんなもんですか?)

 などなど他にも沢山。


 作品つくって自己満足に浸るのであればワザワザ公開する必要はない。公開するということは必ずどこかに自己顕示欲があり、称賛欲求があり、なにかを欲している。
 他人に見られるとモチベが上がるとかならいい。
 ただ、他人から称賛されたいと思うのなら最低限第三者の気持ちを考えて、一歩引いて客観的に自分の小説を見れるようになったほうがいいと思う。(とりあえず私は自分の作品に対して辛辣な突っ込みを延々と繰り返してる)
 小説はあくまで他者に見せるものであるから、自己満足『だけ』になってはならないし、他者にとっても面白くあるように意識しなければならない。
 読者は小説を読んでいる間、時間を浪費している。時間の消費に見合った作品でなければ、読者は『時間の無駄』とバッツリと切り捨てていくはずだ。絵などの画像媒体と違い、文章を読むのはそれなりに時間がかかる。その分、『時間を無駄にした感じ』は強い。
 私は読者にはそういう思いをして欲しくない。

 だから、何かを投稿する時には常に『他人に見やすく』『他人にわかりやすく』『他人に面白く』を考えて、少なくとも大多数の人に『時間の無駄』とか思わせる作品は避けるべきだと思う。
 大多数の人に『時間の無駄』と思わせる作品は突き詰めると

・小説や物語においての客観の欠如(内々同士)

・何がダメなのか知らない(メアリースーや一次創作においての禁忌をそもそも知らない)、

・そもそも文法がおかしい

 といった、普通に知ってて意識していれば避けられることばかりのはず。
 とりあえず自分の世界に浸るのは由にしても、それを他社に見せる以上は最低限の礼儀を払わなきゃいけない。


 とりあえず? や! の後は直後が」でなければ1マス開けなきゃいけない。

 あと誤字脱字も頑張ってへらさなきゃいけない。

 

 常日頃からそう考えるフールでした。