フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

息抜きキャラメイク 鳩野郎のエルギス

エルギス
f:id:TheFool199485:20170220220959j:plain

見た目:セミロングの白い髪と細い目、細い体に似合わぬ内筋。眼鏡が本体という噂がつきまとう。

種族:精霊
職業:土建
年令:まだまだ若い
学力:専科は最高。理系ではない。
出身:ドレスタニア

 「趣味はサンドバックをぶん殴ることです。ん?何か問題でも?(眼鏡を拭きながら)」

 「(眼鏡をクイッとしながら)こう見えても武闘派だ。細マッチョとでも呼ぶがいい!」

 「人の命令に従うのは嫌いなんだ。……あっすいません!今いきますんで、はい!」

 「あの女の子私のことを見ていなかったか?━━ああ!お前を見ていたわけねぇだろ!ぜってぇ私を見てたし。誰が鳩野郎だおらぁ!(笑いながら)」

 「私がイケメンだと?断じて違う!お前らと同じ不細工だ。その証拠に生まれてから一度も告白されたことがない。……慰めるな。皮肉ギャクのつもりで言ったのに辛くなってくる……」

 「やっ、やめろ!そんな『教室の角の机で顔を埋めている残念な同級生』を見るような目で私を見るな!」




 もともと人に命令されるのが苦手で、高校生の時は先生に反抗ばかりしていた。が、腕力はからきしだったのでいじめを受けていた。
 あまりに言うことを聞かないエルギスに対し、とある体育教師が怒鳴り散らしたところ、エルギスが逆ギレし、体育教師をブン殴ってしまう。(体育教師は無事だったが、エルギスの拳の骨が砕け散った)
 体育教師はよりにもよって武道部の顧問であったため、『貴重な戦力が手に入った』とエルギスを半ば強制入部させてしまう。
 それからというもの何かに目覚めてしまい、毎日のように部活に通っては自主トレをするようになった。(主にサンドバッグをぶん殴っていた)。
 武道部で無理矢理先輩の指示に従わされる。はじめは猛反発したものの、自分が思った以上に先方の言うことを聞くことで、成長出来ることに気づいた。
 最終的には嫌々ながらも自分より優秀な人には従うようになった。就職してからは鬼に混じって土木建築にいそしむ。

 見た目に反して、学生時代に全く女とは無縁の生活をしていたために女性にたいして免疫がない。しかも、顔はそれなりにいいのに元々の性格がアレなので全くモテない。逆に野郎ウケはいい。そのため、初対面で仕事仲間からは「孔雀の皮を被った鳩」と言われ、最終的には鳩野郎という意味不明な二つ名をつけられた。(本人は気に入っている)

 光を信仰する、手足を透明にする魔法の持ち主。見えない手足で相手に恐怖心を押し付けながら一方的に戦う。武道部で正々堂々の心を学んだエルギスがなぜこの魔法を使うのかというと……実は深い理由はない。単に部活に入る前の腕力のなさを誤魔化すために使っていたのが、そのまま身に付いただけ。


交流まとめ&ドレスタニアの住人を作ってみませんか? - イラストレーションアドバイス



━━
キャラメイクは第三者の目を気にせず、過剰に行うと厨二病へ移行する恐れがあります。用法用量をよく守り正しくキャラメイクをしましょう。