読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

私の花の観察記録

鉛筆画 短編小説

奇妙な色(紫、エメラルド、ピンク、)の種を拾ったので暇つぶしに育ててみることにした。

 

一日目:ベランダの植木鉢に種を埋めて水を加え様子を見る。特に変化なし。

二日目:水をあげて様子を見る。地面が膨らんできた。

三日目:早くも発芽した。双葉には渦巻きのような奇妙な模様があった。

四日目:どんどん茎が伸びていった。もうすでに普通の花の背丈ぐらいはある。不思議なことに枝がまったく生えてこない。茎のらせん状の模様が私の心をかき乱す。

五日目:植木鉢の下から根っこがあふれ出した。根っこにも茎と同じようにらせん状の模様がついていた。まるで根っこに蛇でも巻きついているかのようだ。危険だと思って植木鉢をベランダから持ち出そうとしたが重たすぎて無理だった。最初の双葉はもうどこにも見当たらず、ただただ太い茎だけが植木鉢の中に突き刺さっていた。危険を感じてはさみで根っこや茎を切ろうとしたが思ったよりも弾力があり、文字通り歯が立たなかった。

六日目:家の中に根っこが進入してきた。床の中にも根っこが進入してきているらしい。畳が一部盛り上がっている。どうしよう。もう観察するどころではない。茎のほうはもう一本の木といっても過言ではないくらい太くなっていた。人の頭くらいの太さはある。そしてはるか上空につぼみのようなものができていた。私はとんでもないものを育ててしまった。

七日目:

f:id:TheFool199485:20140726233024j:plain

 

これを読んでいるあなたへ。この化け物を私にはどうすることもできない。私はこの花の根っこに捉えられ、身動きすら取れない。どうやら体の渦巻き模様は生き物の視神経から脳へ作用して、体を麻痺させる力があるようだ。

この花をどうすれば除草できるのか私は最後までわからなかった。どうか、この花の弱点を見出し、除草してほ し

 

 

八日目:ヒカリ ミズ エサ オイシイ