フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ヒゲと猫と二つの王国 6-2

緑のP「う~ん。」

 

マリオ「どうした?」

 

緑のP「いや、今回の依頼がなんか変でさ。」

 

ソウル「何が変なんだ?」

 

緑のP「これだけど・・・。」

 

スパーク「おいおい、なんだよこれ。悪戯?」

 

ルーム「これが本当だとしたら・・・相当ヤバいんじゃない?」

 

マリオ「でも、なんでキノコ王国軍壊滅とか書いてあるんだ?パラレルワールド?」

 

マステラ「だったら・・・。」

 

 

 

緑のP「ねぇ、ルイージ。」

 

ルイージ「何だい?」

 

緑のP「これについて何か知ってる?」

 

ルイージ「いや、何も。ごめん、力になれなくて。」

 

緑のP「そっか・・・。」

 

 

 

ガタガタッ!

 

 

 

マリオ「地震か!?」

 

ルイージ「とりあえず外に行こう!何かあるかもしれない。」

 

マステラ「なんかいやな予感が・・・。」

 

 

 

 

 

ソウル「やっぱ、こうなる・・・?」

 

マリオ「いきなりお出ましとはいい度胸じゃねぇか。」

 

緑のP「あいつが・・・!不気味だ・・・!」

 

マステラ「血の色の翼、黒いドレス、そして・・・口がない。鼻も髪もない。人形を基にしたっていうのもうなずける格好だね。」

 

スパーク「なんだ?この異様な魔力は?」

 

ルイージ「赤い瞳・・・。きれいだ。」

 

マリオ「ルイージ、何言ってんだ?」