フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ヒゲと猫と二つの王国 5-1

ルイージ「現在:緑のP、マリオ、ディメーン、ランペル、ルーム

過去:べビルイ、べビマリ

未来:マステラ、スパーク、ステラ、ライン

・・・って、これ何?何の冗談?子供?未来?」

 

スピネル「でいじーって誰?」

 

ルーニャ「ふ~ん。いいこと聞いたにゃ。(デイジー姫さよにゃら)」

 

緑のP「なんかあの人、悪い顔してるけど大丈夫?」

 

ルーム「やらかしそうな顔だね。」

 

 

 

ルイージ「ルーニャ♪(部屋の隅にルーニャを呼ぶ)」

 

ルーニャ「何にゃ?」

 

ルイージ「(スピネルに見せられない顔で)や・め・よ・う・な。」

 

ルーニャ「にゃあああぁぁ!!?」

 

 

 

スピネル「どうしたの?ルーニャ?ルイージ?」

 

二人「なんでもない(にゃい)よ・・・。」

 

マリオ「?」

 

ルーニャ「・・・ランペル、・・・ワインにゃ。」

 

ランペル「!?コーヒーじゃなくて?」

 

ルーム「ルーニャなんか落ち込んでるみたいだけど・・・。」

 

ルイージ「大丈夫、ルーニャはこんなことじゃへこたれないよ。」

 

マリオ「そうなの、か?」

 

 

 

マステラ「キノコ鍋!完成!!」

 

全員「待ってました!!!」

 

マステラ「苦労したんだぞ。この人数だからな。」

 

緑のP「僕も手伝ったけどね。」

 

ルーニャ「(敵の正体がつかめただけでも良しとするかにゃ。・・・スピネル以外は断固、認めにゃい!)」

 

ランペル「そういえば、そもそもワインって・・・何?」

 

ルーニャ以外「さあ?」

 

ルーニャ「・・・。コーヒー・・・。」

 

ランペル「あ、うん、今淹れるよ。」

 

マリオ「ルイージ、何があった?」

 

ルイージ「いいや、ちょっと叱っただけさ。」

 

マリオ「そうか。まあ、食うぞ。」

 

マステラ「(鍋の量、持つかな・・・。こんな大人数来るとは思わなかったからな・・・。)」