フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの番外編 封印と宝石 8 終

異常だ。

 

なんて強さだ。

 

 

バックアップが三人もいてなお回復が追い付く気配がない。

それに、まだ黒い魔人は攻撃らしい攻撃をしていない。

打ち消しの魔法ばっかりだ。

 

四つのクリスタル、なんて力だ。

 

「さて、ぼくもそろそろ攻撃に転じたいんだけど・・・

無理そうだね。」

「攻撃するより補助に専念しろ。」

 

≪サンダーハンド≫

 

水のクリスタルに向かって雷を宿った手を振りかざす。

青い水晶はその身をガタガタとふるわせた。

僕はそれを見届けろと同時に右に横飛び。

火のクリスタルの≪火球≫を避ける。

避けたところで岩石のなだれが僕を襲った。

 

きりがないうえに攻撃が激しすぎる。

 

このままでは・・・。

 

 

『汝らの力は分かった。

その素晴らしい力に敬意を表し、我が力を開放する。』

 

ぴたりとクリスタルの攻撃が止んだ。

僕たちは一通りのやるべきことを済ませた後、

お互いの顔を見回した。

 

「にゃにがはじまるのかにゃ?」

「何かすごいことだ。」

 

ルーニャと僕のやり取りの後、すごいことは起こった。

 

今まで不規則に流れていた闇の動きが規則的になっていく。

クリスタラーから僕たちへ、水が上流から下流に流れるように暗黒の雲が動く。

あちこちに絶え間なく落雷し、この世の終わりを暗示させる。

クリスタルたちが共鳴し、透き通った音を放った。

 

 

セキリュウは険しい表情で言う。

「宇宙の法則が乱れる!」

 

ランペルはその赤い竜を一瞥し、

「ぼくの勘だとね、これ、喰らったら終わりだよ。」

と、一言。

「だったら止めるまでだ!」

 

闇の放流に逆らい、僕はクリスタラーに立ち向かう。

強大な魔人は僕を静かに見つめていた。

 

『勇敢な旅人よ。

さらばだ。』

 

果てしなく続いていた闇の空間が一気に一点に集約。

そして、すさまじいエネルギーとともに拡散された。

 

『受けよ。

・・・至高の力を!』

 

≪ビッグバーン≫

 

 

 

 

 

『なぜ、倒れない?』

 

 

 

≪すきとおり≫

 

「ぼくのわざだ。

相手の攻撃を全てかわせる。

魔法であれ物理であれ。」

「それを僕に使ってくれたのさ。

お前が攻撃の直前『ディスペル』を放っていれば、

僕たちの負けだった。」

 

 

だが、現実はそう甘くはなかった。

 

 

再び世界が圧縮されていく!

 

「これはこっけいだねぇ!

耐えたと思ったら第二撃!

うしゃしゃしゃしゃ!」

「ここまでなのか!」

「にゃにゃにゃ~!」

「万事・・・休すか・・・。」

 

攻撃の直前≪ディスペル≫が放たれた。

終わった・・・。

 

 

だが、次の瞬間、僕たちを祈りの光が包んだ。

これは!スピネルか!

僕たちの傷がいやされていく!

 

「元気がみなぎってくるにゃ!」

「英気が戻ってくる!」

「これだったらみんな!」

 

みんな・・・!

みんな?

みんな!?

 

「シロスケ!」

「ごめん、ぼくは無理みたいだ・・・。

これまでの行いが悪いからかな?」

「そんなことないにゃ!

あの事件の時にゃたは!」

ランペル

あきらめては駄目だ!」

 

でもなんで・・・ランペルだけが祈りの外なんだ。

 

 

 

 

みんなの声が聞こえてくる。

 

 

 

 

ルイージ、セキリュウ大変!キノコデパートで半額バーゲンやってるの!

なるべく早く仕事を終わらせて!』

 

『ルーニャさん!仕事の依頼が五件ほどあるッス。

この家のポストに入れとくんで、後で見るッス。

僕はバーゲン言ってくるんで!じゃあ!』

 

『セキリュウさん、お手紙です。』

 

『パレッタ!後のことはお願い!

わたしたち、バーゲン行ってくるから!』

 

『わかりました。

しっかりと伝えておきますよ。』

 

『じゃあ!行ってくるッス。』

 

『いってらっしゃい。』

 

 

 

 

 

沈黙。

 

僕はつぶやいた。

「≪ビッグバーン≫、耐えられたね・・・。」

「にゃ・・・。」

「うむ。まあ、一人除いて、だが。」

 

 

『これが絆の力というものか!

そうか理解したぞ!

三次元の力の真理を!』

 

 

「・・・早いとこ、終わらせよう。

それで、みんなでキノコデパートのバーゲンに行くんだ。

最強の二の字を受け継ぐ者の攻撃を難なく防いだバーゲンに!!!」

 

 

 

5 minutes later

 

 

 

「あ~あ。負けちゃったね。」

「まっ、元の世界に帰れたんだからいいんじゃにゃいの?」

「・・・バーゲン、終わっていたがな。」

「仲間はずれ仲間はずれ仲間はずれ・・・

ウシャ・・・シャシャシャ・・・シャ・・・・・・シャ・・・。」

 

 

 

結果、闇を統べる者に僕たちは完敗した。

キノコデパートの商品戦略は、やはり闇には勝てなかったのだ。

ただ値下げするだけでは強大な暗黒には打ち勝てない。

 

もっと広告やメールを使って認知度をあげなければ、

人々は値段を下げたことに気づかないのだ。

 

それがクリスタラーに敗北した最大の要因だ。

 

もともと邪悪と戦うために作られたものじゃないけど。

要するに、白お化けに大ダメージを与えるには十分だったってことだ。

 

「ぼく、スーパーに宣戦布告しようかな・・・。」

「やめておけ。敗者のむなしいたわごとにしか聞こえん。

負け犬の遠吠え、だ。

覚えておくといい。

・・・手紙の中味は・・・おお!デパートのクーポン券だ!」

 

「依頼が五件。ルイージ、お願いにゃ。」

「え、この後さらに?」

「社員を過労死寸前まで酷使するのも社長の役目にゃ。」

「それ、ちょっと違わない?」

 

 

 

 

これだけ体を動かしたのにもかかわらず、時計は正午を差していた。

 

 

一日が・・・長い・・・。