フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

風上、再び 承 合作小説

私は近くの市街地に降り立ち、人の姿に戻ってから公園に出向いた。

 

・・・少女にあの姿を見られたところで私とわかるわけではない。

・・・変身するところを直接見られたわけではないのだ。問題はない。

 

 

 

 

 

まあ、見事に少女は緊張していた。

肩は上がっているし、足は震えている。

 

私は最適な口調を選択し、口を開いた。

 

 

「こんにちは。またあったね。」

 

「まさか、本当に!」

 

 

まだ信じられないと見える。

まあ、時間もそれなりに空いたからな。

 

 

「あの時の風の感触はまだ覚えているよ。心地よい風だった。

・・・熱中症気味の私に少し、風を恵んでくれないか?」

 

「わっ・・・わかった。」

 

 

少女はようやく状況が飲み込めたのか風を呼んでっ?!!

 

 

ま・・・た・・・かっ・・・!

 

私は予期せぬ強風に見舞われた。

ああ・・・心地よいというよりは激しいと言った方がいい風だな。

 

少女の顔をかろうじて拝む。

よっぽど遊び相手がほしかったみたいだ。

いいだろう。今回はそのつもりで来たのだ。

この手荒い遊びも予想のうちだ。しょっぱなからくるとは考えてもいなかったが。

 

 

 

・・・さては、はしゃいでいるな・・・?

 

 

 

だが、今回は簡単には降参しない。

 

「同じ手が何度も通用すると思ったら大間違いだぞ。

覚えておくといい。」

 

と、意気込んでみたものの、声は全て風にかき消されてしまった。