フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの番外編 封印と宝石 3

水晶でできた透き通ったタイル。

漆黒の空間。

そして目の前の不気味な敵。

 

僕は尻もちをつきながら言った。

「こいつの攻撃、結構痛いよ。」

 

高さ三メートル以上はある巨大な顔。

 

顔だけ。

 

鋼鉄でできているであろうその顔からは

むき出しのコードが何本も飛び出していた。

 

ギョロっとした目は見る者を恐怖させる。

 

「なるほど、魔法攻撃完全反射か。

そして、反射した魔法には反射耐性が付き、二度と反射されない。

その性質を利用して相手の魔法を防ぎつつ、

自分にわざと魔法を反射させて相手に確実に当てる。」

「ウシャシャ!こいつは酷い!」

 

もっともだ。

 

セキリュウのややこしい説明はともかく、この顔、強い。

その場から動かない固定砲台みたいなものだ。

目標を一度発見したら絶え間なく魔法を詠唱し続ける。

キラー大砲よりずっと利口だ。

 

≪フレア≫

 

セキリュウの腹に膨大な熱が集中し、爆発を起こした。

思わず声をあげてうろたえる。

「・・・く。

こいつの魔法一発一発が≪フラーマ アラデンティス≫級か!」

「命中精度もトップクラスにゃ!」

 

 

・・・機械が魔法を唱えるのは異様だ。

シュールともいう。

顔の口から意味不明な機械音が絶えず流れている様子は、

あんまり好ましいものではない。

 

そう、三メートルもある顔から。

 

 

 

っていうかそもそも顔だけってどういうことだ?

 

 

いや、顔があるんだったら胴体も?

 

顔だけで三メートルあるんだったら、

もしこいつが八等身だったら・・・

 

二十四メートル?

 

頭だけで動けるから、もしかして胴体だけとかでも動けるのか?

 

ふと横を注視してみると、

遠くの方で巨大な腕だけが浮いて動いていた。

 

 

僕は身長二十四メートルの巨人が物理攻撃しながら、

それぞれのパーツから魔法が放たれる様子を想像した。

 

 

 

顔だけでよかった。

 

 

 

ルイージ、立つにゃ!」

 

スーパーキノコ

 

「サンキュー、ルーニャ!」

 

 

セキリュウランペルは物理攻撃を繰り返している。

僕も行かなければ。

どっかのロボットアニメみたいに合体したらかなわない。

 

≪地獄突き≫

 

鉄の体に少しずつだけど傷が付いていく。

そして僕は突き指する。

痛い。

 

「うしゃしゃ!

楽しいねぇ。

仲間と一緒に戦うのは・・・

 

≪ホーリー≫

 

一抱えもある光の柱がシロスケに直撃した。

「話ぐらい最後までさせ・・・ぐはぁ。」

 

セキリュウがその姿を見て

「大丈夫だな、ランペル。」

と声を投げる。

 

 

大丈夫・・・だな?

大丈夫なこと前提?

 

 

とりあえず、次の魔法までに少しでも打撃を与える。

 

≪サンダーハンド≫

 

稲妻と化した手の平を敵の目にかざす。

確かな手ごたえがある。

 

『ウルトラキノコドロップ』

 

ルーニャのアイテムによって僕らの傷は全快した。

 

セキリュウが咆哮する。

「一気にたたみかけるぞ!」

 

三人の攻撃を一斉に受けた顔は、

今までよりもさらに不気味な人相になって機能を停止した。

 

 

放送できないぞ、この顔。

 

 

目とか飛び出してるし、オイルダダ漏れだし。

いろんなところへこんでるし。

 

 

「にゃ~。疲れた~。」

「キノコ王国の一般民家はすごいんだな。」

「いや、セキリュウ、それは違う。」

 

 

シロスケが残骸を見ながら唸り声をあげていた。

「どうしたんだい?」

白お化けはみんなの方を見て言った。

 

「こいつ、この世界のものでもセキリュウのいた世界のものでもない。

全く別の未知の場所からの訪問者だ。

いや、僕らが訪問者かな?」

 

はてなマークを浮かべる僕たちに

シロスケは珍しくまじめな口調で話した。

 

「異次元に飛ばされた。

あの扉は異世界への入り口だったんだ。」

 

 

「なんだって~。」

 

なんとなくそんな予感はしていた。

あいつは見たこともない魔法を使ってきた。

何が起きてもおかしくはない。

 

「じゃあ、とりあえず今日の探索はこれぐらいにして、

帰るかにゃ。」

 

ルーニャが言ったとき白い化け物はわざとらしく言った。

 

「あ、そうそう、言い忘れた。

ぼくたち、カ・エ・レ・ナ・イ・ヨ。

ウシャシャシャシャ。」

 

 

 

今度の一言には皆、何も言わなかった。