フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 ピュアハート

わたしは彼の≪サンダーハンド≫を、手をつなぐかのように受け止めた。

 

雷の手

≪ヌイ トリトルア≫

 

セキリュウを感電させた強力な電流が彼の体内で暴れまわった。

叫び声をあげる彼。

 

 

あと少し・・・。あと少し。もう少し!!

高鳴る想いを抑える。

動悸で心臓がはちきれそうだ。

 

 

とうとう彼は地面をなめることとなった。

地に顔を伏せた彼に手をかざす。

 

 

さあ、わかりあいましょ。

 

全てを・・・ね。

 

 

 

だが、突然謎の光が彼を包んだ。

魔法がその光によって阻まれ発動できない。

 

「・・・っ?!」

 

これは、何?

 

うっとおしい!

目ざわり!

消えろ!

 

苦し紛れにはなった≪ジェヘナン イグニス≫も謎の輝きによって消されてしまった。

 

忌わしい!

 

耳に何か雑音が入った。

木の揺れる音でも、彼の声でもない。

 

大勢の人の声。

 

これは祈りの声?

 

彼が勝つと信じて疑わない人々の光。

希望に満ちた想い。

 

 

 

彼を包む光は八つの『純粋な心』となり、彼に力を与えた。

 

勇気を、希望を、願いを。

彼に与えた。

 

 

瀕死だった彼は癒しの光に全てを取り戻し、立ち上がった。

 

 

全部うまくいっていたのに、邪魔された。

彼と一緒に慣れるところだったのに。

 

誰に?

 

この世界に。

 

 

・・・そんな世界!

 

 

消えてしまえぇ!!

 

 

 

想いを爆発させる寸前に心の中でもう一人の私が言った。

 

 

 

それで本当にみんなに勝てるの?

 

 

 

純粋に力を求めた者、闇そのものともいえる存在、

圧倒的な力差があるにもかかわらず彼は全て打倒してきた。

 

みんながいたから。

どんなに強大でも一つの力には限界がある。

彼は一人で戦っているのではない。

何千、何万という人々と共に闘っているのだ。

 

常識的に考えて勝てないのは当然なのだ。

 

 

わたしは考えた。

わたしが彼に想いを伝えるには、わたしが勝つためにはどうすればよいのか。

 

 

わたしにとって・・・

 

どんな力でも消せないモノ。

この世界の誰にも負けないモノ。

親友の命よりも重いモノ。

 

 

 

それは!!

 

 

 

 

わたしは立ち上がった彼の瞳を見つめた。

確固たる決意を眼光に宿していた。

彼には全てを背負う覚悟がある。

 

 

 

彼は静かにルーニャのそばに歩み寄り、彼女の体を持ち上げた。

そしてゆっくりと折れた巨大樹に寄りかからせた。

 

 

彼は想いを断ち切るようにわたしのほうを向いた。

「・・・君には驚かされっぱなしだ!」

 

≪鉄斬光≫

≪ファイアージャンプパンチ≫

 

地面と空がぐるぐる回転している。

連続で逆上がりをしている気分だ。

地面がどんどん離れていった。

 

背中に力を入れ、何とか体の回転を止める。

その時、背中に着いた軽いものが自分の目に入った。

赤黒い翼・・・。

 

彼が地上から大きくジャンプし、追撃を狙ってきた。

右腕が光り輝いている。

わたしは手をかざそうとした彼に対し右足を垂直に振り上げ、

そして思いっきり振りおろす。

ちょうど跳んできた彼の頭上に足がめり込んだ。

 

撃墜された配管工は森の中に落下した。

 

わたしは翼をはばたかせ彼の後を追った。

 

 

森。彼と散歩をしたのを再び思い出した。

キノコ狩り、楽しかったね。