フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 49 第九章 希望の宝石

天空に輝く星ならざる影。

飛行船の艦隊。

クッパ軍が誇るクッパ空軍である。

わたしは広場でその勇ましき姿を拝見していた。

 

おそらくセキリュウは時間稼ぎだったのだろう。

本隊が到着するまでの・・・。

 

空気を引き裂く音が聞こえた数秒後、

大量のキラーが、砲弾が、わたしに向かって飛んできた。

周辺の建物が舞い上がり、地面のタイルがばらばらと崩れる。

雨のように弾幕が降り注ぐ中、わたしは無数の飛行船のうち一艘を指差した。

 

指の先に光が集まり球状にかたまる。

程よい大きさになったところで、一直線に魔法を放った。

 

破壊の炎

≪フラーマ エクサティウム≫

 

球がだんだん小さくなりしまいには目視できなくなった。

 

空中で爆発が起こり、さっき指差した船がキノコ城の庭園に落下する。

地震に似た衝撃が大地を走った。

 

わたしは次々と戦艦を指差して言った。

 

ある船は光が飛行船の船底に着弾し、花火のように砕ける。

ある船は側面が光り輝き甲板が半分消えた。

 

空から降ってくる炎の雨によって民家を覆う氷が焔色に輝く。

火の大地に氷の花。

燃える街並みを見て夕陽を思い出した。

 

あちこちで地に乗り上げた船が火を噴く。

私の目の前は火炎に包まれ、それは麗しい光景だった。

火でできた道。

地上で開く花火たち。

どこもかしこも宝石のように輝いていた。

 

なんてきれいなんだろう。

鳴りやまぬ爆発音の中、わたしは町を後にした。

 

 

 

探した。

 

ありとあらゆるところを探した。

 

キノコ城もクッパ城もオドロン寺院も。

 

でも、彼はいない。

 

 

 

 

わたしは今、彼とお散歩した道を歩いていた。

ここにきてからまだ間もないころ、彼はわたしに寄り添って心を開けはなってくれた。

しかし、今は夜暗く視界が悪い。

木々はわたしの上に覆いかぶさるように生えていた。

あの時とは打って変わって不気味な雰囲気を醸し出していた。

 

木々たちでさえ、わたしを嫌っているの?

 

心細い。

今、彼はいない。

 

 

どこ?

 

どこにいるの?

 

 

両腕を胸に当てる。

それでも寂しさはまぎれない。

 

歩きながら首を左右に動かす。

彼を求めて。

 

 

 

一軒の家があった。

 

 

 

明かりはついていない。

 

あれは・・・わたしたちの家。

 

 

目の前に見えるのにものすごく遠く感じた。

もう帰れないのだろうか。

 

帰りたい。

 

帰って眠りたい。

 

でも、一人はイヤ。

 

 

いつものように二人で・・・。

 

 

 

わたしは断腸の思いで家を後にした。

 

山を登り、下る。

 

どれくらい歩いたかわからない。

 

 

 

急に雨が降ってきた。

 

感じる。

 

冷たいと感じる。

 

そう、この雨は冷たい。

 

さっきまで働かなかった感覚が働いた。

 

この雨に何か意味でもあるのだろうか。

 

 

 

わたしは空を見上げた。

星がよく見える。

雲もないのに雨が降っている。

 

 

歩き続けた。

 

ひたすら、歩き、続けた。

 

 

山を越え、川を越え、谷を越え、

その果てにたどりついたのは一本の街道だった。

 

 

 

森を歩いていたはずなのに急に街道に出たのだ。

後ろを振り返った。

そこには元来た道はなく、

果てしなく続く街道が続いていた。

 

道の左右に建てられた街灯が無機質な光を放つ。

街道の左右の脇は樹木が立ち並んでいる。

 

動くものはわたし以外、何一つとしてなかった。

 

 

 

霧に包まれた街道。

 

存在しないはずの街道。

 

 

 

 

この先に何があるのかわたしは知っている。

 

感じる。

 

 

 

あの場所に続いている。

 

わたしが求めたあの場所に。

 

 

 

 

ゆこう。

 

かえろう。

 

わたしのばしょ。

 

はじまりのちへ。

 

 

 

 

ルイージの小説

To Be Continued