フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ディメーン セリフ集 後編

 

いいえの場合

 

ディメーン「おやおや ことわるのか~い?

 

      伯爵から コントンのラブパワーを
      うばえば そのチカラで 世界を
      しはいできるんだよ?

 

      ボクの 味方に なっておけば
      キミたちの ミライは バラ色さv
      それでも イヤなのかい?」

 

イヤ / ことわる (どちらを選んでも同じ。)

 

ディメーン「そうかい そうかい・・・
      時間の ムダだったね
      じゃあ さっさと 死んでくれるかい?

 

      とくに そこの ルイルイくんは
      よわっちくて 目ざわりだから
      まっ先に やっつけてあげるよ!」

 

ルイージ「ムキー!

 

     なんだとー!?

 

     にいさん!
     ここは ボクに まかせて
     にいさんは 先へ すすむんだ!!

 

     世界のほうかいを とめるためには
     にいさんは こんなところで
     モタモタしていたら いけない!

 

     クッパや ピーチ姫だって
     そのために たたかったんだ!
     ボクも やらなくっちゃ!!

 

     それに なぜだか わからないけど
     アイツを 見てると ムショーに
     ハラが たつんだよ!

 

     だから・・・!

 

     たのむよ にいさんっ!

 

     ありがとう にいさん・・・」

 

ディメーン「んっふっふ・・・
      キミの なけなしの ゆうきに めんじて
      マリオは このまま 行かせてあげよう

 

      それに まんがいち カレが
      伯爵を たおしてくれれば
      それは それで ボクも 助かるしね

 

      さあ そろそろ キミの命・・・
      いただくとするか!」

 

戦闘

 

ディメーン「ノーーーーン!

 

      こ・・・ こうさ~ん!
      こうさんだよー!」

 

ルイージ「まいったか ディメーン!
     にいさんの手を かりなくたって
     オマエくらい たおせるんだからな!」

 

ディメーン「そ そうだね
      キミの そのチカラは
      やっぱり ホンモノみたいだ

 

      だからこそ キミを 伯爵の元へ
      やるわけには いかないな

 

ルイージ 「な なにをする・・・!?」

 

ディメーン「フフフ
      キミは ボクだけのものだ
      ルイージ

 

      だから いっしょに

 

ルイージ 「まさか

 

      よ よ よ よ よ よ よ よせーっ!
      うわーっ!!
      うわうわうわわうわうわうううわわー!!!」

 

ディメーン「オ・ルヴォワール!」



アンナ 「ルイージっ!

 

     そんな

 

     だって ルイージ

 

     ……………………

 

     そうね マリオ
     アナタの いうとおり
     かなしむのは あとでも できるわ

 

     いまは ワタシたちが
     しなければならないことを しましょう