フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 36 前編 第七章 宝石がために鐘はなる

 

≪鉄斬光≫

 

≪ファイアージャンプパンチ≫

 

部屋の中央で倒れていた彼の姿が一瞬にして消えた。

そしてあの白いバケモノが奥の窓へと吹っ飛んだ。

 

「僕は体力には自身があるんでね。」

 

吹っ飛ばされた布お化けは平然と立ち上がり笑いだした。

「ウシャシャシャシャ!

なかなかやるね。

ちょっと見直しちゃったよ。

じゃあ、こっちも遠慮なく攻撃させてもらうよ。」

わたしは思わず叫んでしまった。

「・・・やめて!

ルイージ、わたしのことはいいから!」

彼は首を横に振った。

「僕を見ていて、スピネル。」

 

彼は両手を腰まで引いた。

その瞬間氷の柱が彼を閉じ込めた。

 

氷柱

≪コルーメン グラシアス≫

 

わたしが使った時よりも巨大な柱だった。

奴が詠唱したのだ。

 

「ウシャシャシャシャ!!

そういえば君、いい技を持っていたよね。」

 

≪サンダーハンド≫

 

奴の電撃を帯びた右手が凍った友人に添えられた。

 

見て、られない。

でも「見て」と言われた。

 

≪サンダーハンド≫

 

≪サンダーハンド≫

 

三発目の雷の手でとうとう氷柱が崩壊し彼が解放された。

後方に大きく飛ばされる。

「があっ、ああ!」

ふらついているが、それでも彼は

敵に牙をむいた。

前方に跳躍、魔物に向かって手刀を突き出す。

 

≪地獄付き≫

 

だが、届く直前に止まった。

 

疾風

≪ターベン≫

 

突風に阻まれた彼の右手から血しぶきが飛ぶ。

彼は急いで竜巻から手を引き抜いた。

だが、もうすでに奴の次の攻撃が発動していた。

 

≪水蒸気爆発≫

 

彼は舞った。

高く。

 

本来、水が急激に加熱されたときに生じるその爆発は、

彼の身を確実に削り取っていった。

何回もの爆発音の中に悲鳴が聞こえる。

 

わたしも悲鳴を上げる。

 

ひときわ大きい爆発が起こった。

彼がわたしの後ろの壁まで吹っ飛ばされる。

 

「・・・ルイージ!」

わたしは、無我夢中で駆け寄った。

座り込んだ彼の背後の壁に鮮血がこびりついていた。

「・・・もう、止めて。

わたし、帰るから・・・。

帰るから・・・。」

わたしは彼の目を見てたじろいだ。

獣のように鋭い目つきだった。

「まだだ、僕はまだ戦える。」

「止めて!

もう、わたしのためとか言わないで!」

彼はゆっくり首を振った。

「僕は、君の・・・希望。

あきらめない。

何があっても。

君を侮辱するような奴には絶対に負けない。」

 

わたしはどうすればこの人をとめられるか考えた。

そして、口にした。

「わたし、帰りたい。

こんな世界居たくない。

嫌。

こんな世界、いや!」

 

彼は一瞬目を見開いたが、すぐにもとの顔に戻った。

「じゃあ、僕は君のためじゃない。

僕自身のために戦う!

ずっと逃げてきたんだ。

今こそ・・・!」

「逃げていいじゃない!

何で逃げちゃだめなの!」

 

鐘の音が響いた。

まるでもう勝負はついたと言わんばかりに。

 

「ぼくの目的は果たせた。

降参しちゃいなよ。

そうすればこの無駄な戦いは終わる。

今、町の変身の魔法も解いた。

暗闇は消え去り月明かりで町は輝いている。

もう、戦う意味なんてない。」

 

彼はそれでも闘志を燃やしていた。

 

なんだろう。

 

彼を支えるものは。

それさえ折れば彼は戦わずにすむ。

 

なんだろう。

 

ずっと黙っていたセキリュウが声を発した。

 

ルイージ

 

お前、

 

 

スピネルと一緒にいたいだけだろ。」

 

彼の顔が一瞬で蒼白になった。

「もういいだろう。

認めろ。

 

主も、

 

スピネルも、

 

ルーニャも、

 

お前の兄も、

 

何も言うまい。」

 

彼はそれでも意地を張った。

鬼気迫る表情で彼は叫んだ。

「僕とスピネルは友達だ!親友だ!」

彼は立ち上がり布お化けをにらみつける。

 

「うあああああ!!」

 

もはや、言葉になっていなかった。

奴は舌打ちをしてから魔法の詠唱に移る。

 

 

わたしはルイージのことどう思っているの?

 

 

何度、自問したかわからないが

結局答えは見えていない。

 

・・・今も。

 

 

彼が傷つき倒れ立ち上がりまた倒れる。

 

わたしは涙で地面に痕をつくりながら無表情で彼を見続ける。

 

セキリュウはわたしの意思を尊重して戦闘に参加しなかった。

 

そしてとうとう、

彼は起き上がることすら出来なくなった。

 

 

 

 

ルイージの小説

To Be Continued