フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 プロトタイプ

 ある朝、僕はいつものように家から一歩踏み出すと、目の前に一匹の黒いリスのような動物が横たわっていた。

だが、リスではない。体が10歳前後の子供くらいあったからだ。尾も含めるとその倍近くはある。そして額には、紅く輝くルビーのような宝石が埋め込まれていた。

あどけないその寝顔と愛くるしさに気おされて、震える手でその動物を抱え上げ、家に引き返した。

ウサギのようにふかふかな毛だった。

 

その動物を自分のベッドの上にそっと乗せてあげた。

数時間たってその動物が目を覚ました。すぐに体を起こし辺りを見回す。それもすごい勢いで。明らかに怯えている。

そして、僕の姿を認識するなり震えだした。

どうしようもなくなったときに見せる心からの震え。

そして今にも消えそうな声で僕にこういったのだ。

「ここはどこ?」

 

声からして少女だった。年端もいかない、か弱い少女。あくまで予測だが。

僕は出来る限りやさしく答えた。

「ここは僕の家だよ。君が外で倒れていたから家につれて帰ったんだ。」

彼女は

「そう・・・」

と、つぶやくように答えた。その様子から彼女が疲れきっていることは明白だった。

そこで僕は

「無理をしないで。ゆっくり体を休めるんだ。はい、スープだよ。」

と、語りかけながら、ベッドの隣の机にスープの入ったカップを置いた。

彼女はカップを注意深く見回し、小声で何かをつぶやいたり、額にある宝石を光らせたりした。

しばらくしてそのスープが安全であることを確認しきったのか、恐る恐るスープの液面を舐めた。

その直後、彼女は目を見開いた。そしてスープを一気飲みしたのだった。

そして彼女は言った。

目に涙を浮かべながら。

「ありがとう」と。

僕には彼女がどんな境遇なのかは分からない。想像すら出来ない。

ただ、ひとついえるのは、彼女は他人を信用できず、ご飯すらまともに食べられない、悲惨な状況におかれていたのだ。

僕は決死の覚悟で彼女に切り出した。

「そういえば、自己紹介をしていなかったね。僕の名前はルイージ。君の名前は?」

「!!あなたが・・・ルイージなの!本当に・・・!」

彼女は顔を輝かせた。相変わらず声は小さい。これは元からのようだ。

「ああ、本当だよ。」

再び額の宝石が輝く。

「本当に、本当にルイージなんだ・・・。セキリュウには会った・・・?」

ドラゴン!

「ああ、会ったよ。とても強かった。」

彼女が答える。

「セキリュウは私のお友達・・・。」

体格差、約4メートルの友達?まあ、クッパがいるから驚きはしなかった。僕は尋ねた。

「ところで、名前を教えてくれないかな。」

彼女は答えた。

「私、スピネル。カーバンクルとドラゴンのハーフ。」

「女の子?それとも男の子?」

スピネルは答えた。

「私、女の子。」

そして僕に思いがけない疑問を問いかけてきた。

「・・・ルイージは・・・人間なのに私にひどい事、しないの?」

何かが、心に刺さった。

「・・・安心して。僕は君に手を出さないよ。」

スピネルは再び辺りを見回す。

何かを確認するように。

そして言ったのだった。

「本当に異世界なんだ・・・。」

 

よほど怖かったのだろう。

よほど緊張していたのだろう。

 

スピネルは倒れるように寝てしまった。

これが僕とスピネルの最初の出会いだった。

 

ルイージの小説

 

To Be Continued