フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

冒険家の手記 セイレーン

もしあなたが恋をした相手がセイレーンであるなら、

まずは歌を歌うことから始めるとよい。

 

彼らは常に歌をうたっている。 ・・・①

 

それが彼らの誇りだからだ。 ・・・②

 

だから彼らの求愛は歌で行われる。

 

すなわち、自分が相手の歌に合わせて一緒に歌うのだ。

 

歌のうまい下手にかかわらず、彼らの歌声とあなたの歌声が調和したとき、

彼らは振り向いてくれるだろう。 ・・・③

 

 

 

ただし、実際に恋が成就するとは別にして。

 

 

 

注釈

 

※1  常時というわけではないが、少しでも暇があれば歌っている。

 なお、セイレーンの歌声は録音不可。

 

 

※2 セイレーンはその慣習より、幼少のころから親に歌を教え込まれる。

さらに、常日頃からセイレーン同士で歌を磨き合っている。

そのため、彼らは歌に対するプライドが非常に高い。

 

※3 セイレーンは事あるごとにわが子に詩を与える慣習がある。

   子は親からもらった詩に、自分で調律を与え歌う。

   なので、歌っている歌は十人十色、千差万別である。

   また、親から教わった詩は記録に残さない。

   歌に合わせて一緒に歌うには、実際に彼らに近づき、自分の耳で何度も歌を

   聴き、覚える以外方法はない。