フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説 19 第四章 対話の宝石

「またせたね。」

 

僕はキノピロの部屋へ帰ってきた。

 

「おかえりなさい!スピネルは?」

「もう少し時間がかかりそうだ。」

僕はそういってキノピロの前に座った。

 

「もう時間が無いけど何をしようか。」

時計は十二時に指しかかろうとしていた。

「う~ん、そうだ、ルイージにいろいろ聞きたいことがあったんだ。

使える技とか、戦術とか。」

なるほど。

人形遊びに活かすのか。

「わかった。

答えられるだけ答えてあげるよ。」

僕の基本的な戦術や技の説明をした。

それだけでなく兄さんやピーチ姫、

はたまたクッパの特徴までも教えてあげた。

さりげなくキノピロはメモを取っていた。

割としっかり者だな。

僕はそう思いながらキノピロと話していた。

 

 

「・・・ルイージ、お待たせ。」

 

スピネルが帰ってきた。

満面の笑顔で。

「・・・貸してくれて、本当にありがとう。」

彼女はキノピロにペンダントを返した。

「どういたしまして。

すごく嬉しそうだね。

何かあったの?」

スピネルはフフッっと笑うと

「・・・ヒミツ。」

と柄に合わない言葉を放った。

「おしえてよ~。

僕が貸したのに。」

キノピロがわざとらしくすねた。

「・・・わかった。

教えてあげる。

・・・実は久しぶりに家族と話したの。

ペンダントを見ていたら家の外から声をかけてきた。

うれしくて、話し込んじゃった。」

キノピロはあっさり納得した。

「よかったね。

ずっと会えなかったんならスピネルのこと、

心配してたんじゃない?」

「・・・うん。

大丈夫だよ、ってちゃんと伝えた。」

 

 

勿論、『家の外』とはこの家の窓から

見えるような近い場所ではない。

そしてずっと会えなかった理由は誘拐されていたからだ。

言葉の表面上の意味と本当の意味が恐ろしくかけ離れているが、

会話はなぜか成り立っていた。

 

 

「・・・家族は大切にしなさい。

・・・友達も大切にしなさい。

私みたいに会いたくても会えなくなっちゃうかもしれないから・・・。」

キノピロは元気よく首を縦に振り、

「うん!」

と大きな声で答えた。

 

スピネルの人生訓はどれもこれも意味が重い。

 

しばらく何の変哲も無い会話を続けていると、

キノピラさんが帰ってきた。

 

 

 

「・・・じゃあ、またね。キノピロ。」

「体には気をつけるんだよ。」

「わかった。またね~。」

 

キノピラさんに報告して僕たちは家を後にした。

振り返ると二人ともまだ手を振っていたので、

僕たちも手を振り返す。

名残惜しいがまだ仕事中だ。

僕たちを必要としている人が少なからずいるはずだ。

 

 

スピネルを含めて。

 

 

そのために僕は今ここにいる。

 

「スピネル、セキリュウから僕に何か伝言とかあったかい?」

僕はスピネルに一番気になっていることを質問した。

 

「・・・来週の土曜日、セキリュウがキノコ王国を訪れるって言ってた。」

「本当!迎え入れる準備をしないと!

それからピーチ姫にも事情を説明しなくちゃいけない。

今週、休暇を取れるかルーニャに聞こう。」

 

スピネルは

「・・・うん。」

と頷いた。

 

「後、もうひとつ伝えたいことが・・・。」

「なんだい?」

僕は話を促す。

スピネルの表情から、

こちらの方が重要であることが読み取れた。

「・・・『ルイージ宛に手紙を送る。

今夜届くだろう。

スピネルを含めてほかの人には決して見せないように』」

僕宛に手紙?

「今日ルイージと話せなかったから、

手紙越しに重要事項を伝えるって。」

 

なるほど。

気になるな。

手紙の内容。

 

色々と話をしているうちに「猫の手」についた。

 

4章 対話の宝石 終

 

 

 

ルイージの小説

To Be Continued