フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

短編小説

ルイージの物語 上 (短編小説)

1 ある朝、ルイージはいつものようにゆったりとイスに腰掛け、コーヒーを飲んでいました。家の窓からはすがすがしい朝日が差し込み、テーブルを挟んで向かい側に置かれた、まだ湯気の出ているコーヒーカップを照らしています。 「はぁ……、またやってしまった…

恐々叫々 F|⊂┳1〇N 短編小説

ただひたすらに、リアルな恐怖を書いてみました。 私はことあるごとに思い出す。病理室の冷蔵庫に保管されていた赤ちゃん。ほっぺたは赤く愛らしい顔はそのままに、ピクリとも動かなかった赤ん坊だ。 なぜあの子が生まれる前に死に、私が生きているのだろう…

白頭巾(ショートショート)

あるところに小さなかわいい女の子がいました。お父さんにこしらえてもらった白頭巾をかぶってらされていたので、『白頭巾』と呼ばれていました。 「白頭巾、今日は森に住むおばあちゃんをお迎えしてきて。寄り道なんかしちゃだめよ」 白頭巾が森に入ると狼…

なぜ死ぬ権利はないのだろうか

thefool199485.hatenadiary.com ⬆本業は解剖者。嫌々死んで欲しくはないので、解剖直前に死を説得する……というヤバイ人。 このキャラクターを作るためにまとめるた会話サンプルです。感情をあまり見せない人なのですが、生死を語るときだけ、情熱的になりま…

高二ストレンジ ワンナイト人狼

thefool199485.hatenadiary.com ⬆人物紹介1 生物君「暇だな」 スピネル「暇ね」 放課後、漢字の再テストがあるんだけど、残念なことに数学の再テストも同じ先生が担当していた。そのせいで漢字の再テストが後ろに30分ずれた、というのが今の状況だ。 サン…

まさかの

フール「まずいな。 最近小説を書いていた(ホントはYouTubeのせい)から殆ど絵が描けてない。紹介記事も滞っている」アイデアの人「じゃあ全部描けばいい」フール「え?何を」アイデアの人「一枚の絵に複数キャラ」フール「いや、でも寝るまであと一時間……」…

Parallel Factor ―under ground― 下

thefool199485.hatenadiary.com ⬆前回 6 わたしは能力を用いればメス一本で切開から縫合まで一通りの外科的治療ができる。だが、傷の修復にはそれ相応の材料、わたしを含め何者かの魂の力を消費しなければならないという制約がある。さらに手にもった(わたし…

長田さん復活で歓喜

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp 長田克樹 (id:nagatakatsuki)さんのブログが復活しててテンションMaxなフールです。いやぁ、半年くらい更新がなかったのでてっきり止めたのかと思いました。せっかくなのでまたまた説明をしていきたいと思います。長田さ…

噂のゲテモノ自販機 短編

高二ストレンジ 四週間目 中場 放課後 自販機に『製品の味は保証しません』と書いてあるのもどうかと思う。他にこんな自販機は見たことがない。 この自販機は公立桜見中学の生徒からは『ゲテモノ自販機』と呼ばれている。ゲテモノの文字通り、品質保証はされ…

 高二ストレンジR完結!

thefool199485.hatenadiary.com 先週のエピローグにて、高二ストレンジRが無事完結することができました。ここまで文章を書けたのは読者の皆さんの応援のお陰です!スターやコメントは小説を書く上で大きな力となりました。 拙い文章で見苦しい点も、いくつ…

書かされるのは嫌い 短編

二週目 後半 「隣、いいかな?」 後ろから聞きなれたソプラノの声が聞こえる。何度聞いても飽きない。 「ご自由にどうぞ」 僕が振り替えるといつも通り、美しい黒髪をもつ同級生が現れた。頭の後のポニーテールが楽しげに揺れていた。 僕の左隣の席に座りな…

秀才二人で天災

左:柏木 右:赤崎 捻りのない証明写真のような絵もいいですが、今回は真ん中で二つに割り、右半分と左半分で別のキャラを描いてみました。 左の人は鋭く冷徹なイメージ、左の人は暖かみがあり面倒見がよさそうなイメージです。 今回は資料に頼らずほぼ独力で…

高二ストレンジR-ivers  エピローグ

↓前回 thefool199485.hatenadiary.com 四週間目 放課後 以前、赤崎と一緒に来た公園に、僕とスピネルは訪れた。何故か、公園には子供たちが全くいなかった。おそらく近隣でお祭りでもやっているのだろう。現に耳を済ますとそれっぽい音が聞こえてくる。 僕は…

高二ストレンジR-8 終

↓前回 thefool199485.hatenadiary.com 五時前か。僕は一番右の列の二番目にある自分の席で深いため息を吐いた。夕日がガンガン当たり、目がまぶしい。 この時間になると、放課後に教室の後ろの方の席を陣取っている数人の女子ですら帰ってしまう。 やたらと…

高二ストレンジR-7

↓前回 thefool199485.hatenadiary.com 目の隅っこに『通学路』の標識がうつる。その奥には今にも雨が振りだしそうなドンよりとした曇り空が広がっていた。 住宅地の狭間で僕は声を張り上げた。 「なあ、頼むサンダー。もう一度スピネルとよりを戻してくれな…

高二ストレンジR-6

前回↓ thefool199485.hatenadiary.com 「今日、一緒に帰れる?」 僕は戦慄した。 いつものように放課後荷物をまとめて誰と一緒に変えるか考えていたところに、信じられない人が姿を現したのだ。彼女は例によって、無い胸に黒髪を揺らしている。 「いいけど、…

高二ストレンジRー5

僕は柏木と赤崎の話し合いを聞いた後、赤崎にさらに細かい事情を聞いた。そして帰り道赤崎と別れ、山田に電話をかけたのだった。 スマホ越しにサンダーの声が月夜に響く。 「━━これが俺の知っている全てだ。つまり、生物君が察した通り、柏木の言ったことは…

高二ストレンジR-4 短編小説

前回↓ thefool199485.hatenadiary.com 僕はゆっくりと机から顔を離す。まだ目がぼやけていた。夕陽が教室に差し込んでいる。僕以外のクラスメイトはみんな帰ってしまったようだ。最近の寝不足のためか、ホームルームの後爆睡していたらしい。 僕はいつも通り…

高二ストレンジについて

一月前ほどから小説を書きはじめたフールです。学生をあと一ヶ月ほどで卒業するので、学生生活の集大成として学生小説を書いています。読者の皆さんのお陰で連載も一ヶ月続き、ようやく、登場人物も一通り出揃いました。そこで一度、概要と登場人物の説明し…

高二ストレンジR-3

前回↓ thefool199485.hatenadiary.com パッつんヘア系男子の化学オタクと、美しい黒髪をもつ少女の姿が脳裏に浮かぶ。 山田の言葉にはどうにも疑問がのこった。山田は自分がスピネルに相応しくないと僕に印象付けるために、事実を湾曲させて話している可能性…

高二ストレンジR-2

thefool199485.hatenadiary.com 「━━ということで、結構スピネル危ういよ。詳しいことはあの子との約束で話せないけど」 「なるほど。道理で具合が悪いのにマスクをつけてなかったわけだ。サンキュー」 「生物君には何度も助けられたからね。っま、このお礼…

高二ストレンジR 短編小説

↓前回 thefool199485.hatenadiary.com 二週間目 夕暮れ プルルルルーッ、ガチャ! 「……もしもし、スピネルだけど」 「もぉーしもぉーし、スゥちゃん?」 「……久しぶり、ミキヨ」 「どったの?ところで体調は大丈夫?」 「ようやくおさまったよ。辛いものね。…

信頼関係 短編小説

二週間目 放課後 thefool199485.hatenadiary.com 「ではやま……山田(さんだ)くん。号令を」 「起立、気をつけ、礼」 「あーーっしゃーー(ありがとうこざいました)」 サンダーの雑な号令で挨拶したあと、僕は学校から帰る準備をした。スピネルが心配だ……と思っ…

普段と違うと恐ろしい 短編小説

二週間目thefool199485.hatenadiary.com おかしい。誰も声をかけてこない。図書委員も演劇部の集まりもあるとは聞いていない。こんなこと、今学期始まって初めてだ。 「よぉ、今日は一人か?」 おかっぱ頭の明らかにインドアなクラスメイトが声をかけてきた…

高二 白辺さんと僕 

一週間目 放課後 「よっ、生物君。今日一緒に帰る?」 帰り道一人でとぼとぼ歩いていたら、のんびりとしたマイペースな声が聞こえた。白辺さんだろう。 「じゃあ、一緒に帰るか」 細い目に流れるようなセミロングの持ち主にそういった。 「委員会決めはどう…

高二 机に突っ伏す 短編小説

高二 一週間目 僕は机に突っ伏していた。具合が悪いわけではない。 「どうしたの?」 「大丈夫。少し調子が悪いんだ」 よりにもよっていつも通りか。スピネル、今一番会いたくない人だった。おそらく彼女は胸に黒髪を揺らしながら話しているんだろう。 「今…

私が小説を書く理由

最近小説に精を出しています。実はどの話もあまり繋がりがなく、どこから読んでも大丈夫なように作っています。ブログという媒体の性質上、長文もあまりよろしくないので文も短めです。 書き始めた理由としては、キャラクター、(主 にスピネル)をより魅力的…

高二 四日目

僕らはいつものように駄弁っていた。相も変わらずスピネルの黒髪は絶好調だ。胸は、まあ……うん。 「フフッ……。この前は助かったよ。あなたのお陰で再試にならずにすんだ」 2日前にあった漢字テストの居残りが昨日の放課後だった。 「受かって正解だよ。放課…

高二、二日目 短編小説

前回 thefool199485.hatenadiary.com 「隣いい?」 「どうぞ」 昨日と同じく胸まである黒髪をゆらしながらスピネルが歩いてきた。 「今日はおにぎり?」 「まあね。ブドウ糖の塊のようなものだから頭にすぐエネルギーがいく行くし、わずかなタイムラグもより…

高二初日 短編小説

ブレザーと学ランが目の前を行ったり来たりしている様子を眺めながら、僕はため息をついた。 しくじった。今日の午前中腹の調子が悪かったのが原因だろう。朝、学ランのボタンが一つ見つからず着替えに時間がかかって遅刻寸前で登校したのも悪かったかもしれ…