フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

ルイージの小説

ルイージ物語 下 短編小説

前回までのあらすじ あの日の朝、キノンと名乗るキノピオの青年が僕の家にきた。彼は僕にお願いがあると言った。一つは銀髪に『なってしまった』アネモナという少女に会って元気付けてほしい、ということ。もうひとつは彼女のために必要なカゲロウフラワーと…

ルイージの物語 上 (短編小説)

1 ある朝、ルイージはいつものようにゆったりとイスに腰掛け、コーヒーを飲んでいました。家の窓からはすがすがしい朝日が差し込み、テーブルを挟んで向かい側に置かれた、まだ湯気の出ているコーヒーカップを照らしています。 「はぁ……、またやってしまった…

落書き

描こうとしても筆が進まず、ふと思い付いた版権落書き。某配管工の弟です。描くとなると意外に悩むのが帽子の描きかた。 このブログで絵を描きはじめてから実に三年が経過しようとしています。そう考えると、この上達の遅さはなんなんだと、自分に問いたくな…

レインさんが私のことを紹介をしてくれました!!

レイン (id:kagakutookaruto)さんがブログの記事にて私のことを取り上げてくれました!しかもなんと、私のことを活動初期(三年以上前)から知っているようで、初代スピネルを描いてくれました!私が描いたものよりも数段かわいい。特にペロッと出しているとこ…

ルイージさん (息抜き)

帽子は・・・・・・手洗いに限る (ルイージマンションより) 一発逆転!『ファイアージャンプパンチ』 外したらスキだらけ…… (出展:スマッシュブラザーズシリーズ) 『さあ こんどは ボクが かつやくする 番だ!』 (スーパーペーパーマリオより) 兄を超…

ルイージのお話 試し書き

五年が経った。 キノコタウンの一角いある建物へ僕は向かった。キノコの形をした建物がひしめく中で、その建物だけは縦に長い長方形だった。キノコ王国の外観を壊さないよう、キノコの柄の部分と同じ、白色のペンキで塗られている。最上階である四階だけは特…

好きなキャラ① シルク・マキリスタ

チビ・ゆきさんのシルク・マキリスタさんを許可もなく勝手に描かせていただきました。もはや別人。 私の小説にはない毒舌キャラです。ドSです。言葉の上でも物理的にも魔法的にも完膚なきまでに相手をたたきのめす恐ろしいお方。しかも敵味方おかまいなし。 …

ルイージとスーパーディメーン

敵はあまりにも強大だった。僕の顔をしたバケモノ。見上げても顔が見えるか見えないかくらいの巨体。 「どうだい、ルイージ。キミとボクが一体となったこの姿。スバラシイとは思わないか~い♪」 軽々しい、道化師の声がバケモノから響いてくる。忌々しい。 …

闇に生きる猫 下

8 アタシは待ち続けた。待って待って待ち続けて。とてもとても長い間、帰りを待っていた。でも、彼は戻ってこなかった。 途方もない時間が過ぎた後、何者かが扉を開けた。 「にゃ!!」 アタシは興奮して扉の前に座った。 かえってきたにゃ。ようやく!彼が…

闇に生きる猫 上

1 「なんで友達と仲良くしちゃいけないの!!」 「何が友達だ!!あんな劣等種族なんかと群れおって!!お前は自分の立場を理解しているのか?」 「理解なんかしたくない!!」 「お前の意思など聞いておらん!お前は誇り高き闇の眷族の申し子だぞ!」 「そ…

命の恩人はこう言った

「ただの配管工さ」

るいーじのしょうせつ おまけ

こんにちは。わたしのなまえは、あれ、なんだったっけ。あまりよくおぼえてないです。ごめんね。わたしはいま、きのこおーこくっていうところにすんでいます。まいにちたのしいことばっかりです。でも、なぜかみんながわたしのかおをみて、とてもかなしそう…

エンディングテーマ 対象a

対象a歌:anNina作詞:interface作・編曲:inazawa------------------------------あなたの亡骸に土をかけるそれが禁じられていたとしても純粋なまなざしの快楽には隠しきれない誘惑があったどうして罪があるのだろうどうして罰があるのだろう骨の尖はあまり…

ルイージの小説 最終話 希望の果て

雨が止んだ。 両手両足を失い、白い肌を紅が舐めていた。 麗しき黒髪は名残惜しそうに少女の顔を彩る。 焔色の光が全身を照らし、 わずかに残った肌色がおぼろげに輝く。 焼け爛れた大樹に不釣り合いな猫は、 四肢をその樹にゆだね赤黒い宝石を見つめる。 草…

ルイージの小説 黒髪の少女

彼の拳を掌ではじき、こめかみに向かって足を振り上げる。 彼は背中が地面に着きそうなくらいのけぞり、 蹴りをかわすとともに体が戻る反動を利用しわたしの腹部に両手をめり込ませた。 まずわたしの肋骨がきしみ、次に内臓が悲鳴を上げ、痛みは背中を突き抜…

ルイージの小説 ピュアハート

わたしは彼の≪サンダーハンド≫を、手をつなぐかのように受け止めた。 雷の手 ≪ヌイ トリトルア≫ セキリュウを感電させた強力な電流が彼の体内で暴れまわった。 叫び声をあげる彼。 あと少し・・・。あと少し。もう少し!! 高鳴る想いを抑える。 動悸で心臓がは…

ルイージの小説 50 第九章 希望の宝石

わたしは街道をそれて、 再び森の中へと入った。 雷に打たれた古大樹。 わたしが拾われた場所。 物語の始まり。 彼と初めて出会った場所。 感じる。 彼を感じる。 本物の彼を感じる。 森が途切れ、 雷に打たれた大樹が見えた。 あの時と寸分変わらない大樹。…

ルイージの小説 49 第九章 希望の宝石

天空に輝く星ならざる影。 飛行船の艦隊。 クッパ軍が誇るクッパ空軍である。 わたしは広場でその勇ましき姿を拝見していた。 おそらくセキリュウは時間稼ぎだったのだろう。 本隊が到着するまでの・・・。 空気を引き裂く音が聞こえた数秒後、 大量のキラーが…

ルイージの小説 48 第九章 希望の宝石

言葉は届かない。 セキリュウの牙も試してみたが反応がなかった。 落胆しながらタキシード姿の青年を見据える。 青年は空を見上げ、星を指差していた。 「綺麗な夜空だ。ああ・・・いい星空だ。 ・・・・・・・・・・・・。」 変身 ≪トランスフォーメイト≫ 閃光とともに一瞬…

ルイージの小説 47 第九章 希望の宝石

わたしは決めた。 絶対にあの人に会いに行くと。 絶対に絶対に会って 真実を 確かめる! 氷柱 ≪コルーメン グラシアス≫ わたしの目の前の黒いカメが氷の柱に閉じ込められる。 その隙に立ちあがり、体勢を立て直す。 カーネルの背後からパレッタが再び突進し…

ルイージの小説 46 第九章 希望の宝石

わたしはルイージの精神世界でディメーンと戦い、 そして、何かが起きた。 何かが起きて、 星の降る丘に戻された。 そしたら、みんながわたしに拳を向けてきた。 今いるだけで ノコノコのカメキ、ボム兵のピンキー、ノコカーネル、レサレサ嬢、 さらにクリオ…

ルイージの小説 45 第九章 希望の宝石

わたしは眠っているの? 体がやけに軽い。 背中に違和感を覚えた。 何か衣のようなものが左右の肩甲骨のあたりにくっついていた。 わたしはいつから眠っているの? そもそもなんで眠っているの? 瞼を微かに持ち上げた。 まだ夜らしい。 暗い。 視界がぼやけ…

ルイージの小説 ルート2 終章 選択の宝石

最終話 選択 これでわたしのお話は終わり。 楽しかった? その後どうなったかは言わない。 その方が余韻があっていいでしょ。 わたしはレサレサ嬢と待ち合わせがあるから後はルイージに聞いて。 ごめんね、あまり長く話せなくて。 帽子をかぶって、と。 じゃ…

ルイージの小説 46 ルート2 第八章 選択の宝石

いくら攻撃しても ≪闘気≫ ≪心頭滅却≫ ≪サンダーハンド≫ 雷 ≪トリトルア≫ ディメーンは 拘束 ≪ランティア≫ ≪地獄突き≫ ≪ファイアー掌低≫ びくともしない。 力 ≪オポリメイト≫ ≪オポリメイト≫ ≪鉄斬光≫ ≪ファイアージャンプパンチ≫ 一方的な消耗戦が繰り広げら…

ルイージの小説 45 ルート2 第八章 選択の宝石

何も感じない。 痛くもかゆくも熱くも寒くもない。 何も聞こえない。 何も見えない。 わたしは死んだの? 「スピネル、聞こえる!」 ああ、こんなときに キノピロの声がする。 幻聴かなぁ? 「幻聴でも幻想でも妄想でもないよ! 今、僕がスピネルに話しかけ…

ルイージの小説 44 分岐 第八章

わたしの足元で皆既日食が起こっている。 ここからだと一般家庭にある円状テーブルくらいの規模にしか見えないが、 恐らく途方もなく巨大なものだろう。 漆黒の月の淵からもれるコロナがすばらしい。 大宇宙の神秘を感じる。 でも周囲は宇宙ではなく、流動的…

ルイージの小説 43 第八章

「スピネル。起きて。」 ルイージ! 彼の声で目覚めた。 今度は彼の家のベッドだ。 夢か現実かは察しかねる。 彼はベッドの隣のイスに座っていた。 彼がわたしを見下ろしていた。 優しく微笑みながら。 「スピネルは、僕のこと、どう思っているの?」 「へ?…

ルイージの小説 42 第八章

また暗転した。 そして今度は・・・。 「よく来たな、ルイージ。 出来れば会いたくなかった。」 彼と誰か。 闇の中、一つだけ存在するベンチに二人で腰をおろしていた。 光源がないのに二人の姿はよく見えた。 「久しぶり。クリエイター。」 マリオ似の青目の創…

ルイージの小説 41 第八章

家に着くと彼は狂ったように彼女に応急処置を施した。 必死に。 あまりにも献身的だった。 まるで死のふちにいる親友を助けるかのようだった。 数時間、彼は休まず延々と治療を続けた。 「助かってくれ!」 彼は少女に呼びかける。 答えが帰ってくるかもわか…

ルイージの小説 40 第八章

彼は『それ』が閉じ込められている氷柱へ駆けた。 そして柱の前にたどり着くと両手を腰まで引き そして・・・ ・・・? 彼は腰に手を引いたまま止まってしまった。 「どうしたの!早く!」 わたしが急かしても彼は動かなかった。 敵に何かされたのか? わたしは彼…