フールの鉛筆画ブログ

鉛筆画のイラストや絵を中心に描いています。黒髪が大好きです。時々短編小説も書きます。

2014-02-15から1日間の記事一覧

闇に生きる猫 下

8 アタシは待ち続けた。待って待って待ち続けて。とてもとても長い間、帰りを待っていた。でも、彼は戻ってこなかった。 途方もない時間が過ぎた後、何者かが扉を開けた。 「にゃ!!」 アタシは興奮して扉の前に座った。 かえってきたにゃ。ようやく!彼が…

闇に生きる猫 上

1 「なんで友達と仲良くしちゃいけないの!!」 「何が友達だ!!あんな劣等種族なんかと群れおって!!お前は自分の立場を理解しているのか?」 「理解なんかしたくない!!」 「お前の意思など聞いておらん!お前は誇り高き闇の眷族の申し子だぞ!」 「そ…

月下香再登校しました

月下香の第一話を消してしまったので、読みやすいように改行を加えて再投稿しました。内容は一緒なので一度読んだ人は読まない方がいいです。

月下香 ~白い花園~ 下

14 転落 それからというもの僕は自堕落に日々を過ごした。ルーニャに仕事奪われたショックと積み上げてきた地位が全て崩れた喪失感のために、全てにおいてやる気をなくしていた。一日中目的もなくフラフラ散歩しているような状態だった。家にいるときは隣…

月下香 ~白い花園~ 中

8 二度目の青春 僕とルビーとルーニャの間柄は急激に近くなった。 平日の夜は毎日のようにお食事に行ったりお互いの家に遊びに行ったりして、休日は休日でショッピングや映画、水族館にスケート等、とにかく遊びまくった。お互い楽しくて仕方がなかった。毎…

月下香 ~白い花園~ 上

1 少女と僕 黒い美しい髪を持つ少女だった。幼さと妖艶さが素晴らしい調和を生み出していている。 「隣に引っ越してきたルビー・アマリリスです。__さん、今後はよろしくお願いします」 純粋で真っ直ぐな紅の瞳が僕の淀んだ目を見つめている。毒矢に打た…